• HOME
  • おんどとり ワイヤレス RTR-500シリーズ

おんどとり ワイヤレス RTR-500シリーズ

Wireless Thermo Recorder / Ondotori RTR-500 Series

進化した次世代のワイヤレス温度・湿度データロガー。(無線通信タイプ)
おんどとり ワイヤレス RTR-500シリーズ

おんどとり ワイヤレス RTR-500シリーズとは

おんどとり無線通信タイプRTR-500シリーズは、温度・湿度をはじめとした多様な測定項目を計測、記録する子機と、記録データを無線通信で収集する親機とで構成する製品で、従来のRTR-5シリーズに比べより高速で広範囲の無線通信を実現します。

 

子機は、温度・湿度・電圧・4-20mA・パルス・照度・紫外線強度・CO2濃度を測定、記録することができる機種をラインアップ。

親機はネットワーク経由で遠隔管理が可能なRTR-500NW(有線LAN)/RTR-500AW(無線LAN)、USBでパソコンに直接接続するRTR-500C、ポータブルタイプのRTR-500DCから選択できます。

 

記録データは直接PCに収集できるほか、Eメール送信、FTP送信、おんどとり Web Storageへの送信などネットワークを介し多彩な方法で収集できます。 また、現在値のモニタリング、異常時の警報メール送信による自動監視など、用途、使用環境に合わせたワイヤレスデータ管理システムを構築できます。

 

※おんどとり Web Storageとは、T&Dが無料で提供するインターネット上のWEBサービスです
※型番に「L」がつくタイプは、大容量バッテリパックを装着しています。通常の電池寿命に比べて約4倍長持ちします。

商品のご注文

商品選択 商品名 型番 販売単位 価格 納期 数量
おんどとり ワイヤレス データ収集機セット (RTR-502・RTR-500C 各1個入) RTR-502_RTR-500C_SET 1セット ¥36,500 2-5日
おんどとり ワイヤレス (温度) RTR-501 1個 ¥12,580 2-5日
おんどとり ワイヤレス (温度/大容量バッテリ) RTR-501L 1個 ¥15,120 7-10日
おんどとり ワイヤレス (温度) RTR-502 1個 ¥14,280 2-5日
おんどとり ワイヤレス (温度/大容量バッテリ) RTR-502L 1個 ¥16,820 2-5日
おんどとり ワイヤレス (温度・湿度) RTR-503 1個 ¥21,080 2-5日
おんどとり ワイヤレス (温度・湿度/大容量バッテリ) RTR-503L 1個 ¥23,620 2-5日
おんどとり ワイヤレス (温度・湿度) RTR-507 1個 ¥27,200 2-5日
おんどとり ワイヤレス (温度・湿度/大容量バッテリ) RTR-507L 1個 ¥29,760 2-5日
おんどとり ワイヤレス (広域温度センサ対応: Pt100/Pt1000) RTR-505-Pt 1個 ¥18,700 2-5日
おんどとり ワイヤレス (広域温度センサ対応: Pt100/Pt1000/大容量バッテリ) RTR-505-PtL 1個 ¥21,260 2-5日
おんどとり ワイヤレス (熱電対センサ対応: K・J・T・Sタイプ) RTR-505-TC 1個 ¥20,400 2-5日
おんどとり ワイヤレス (熱電対センサ対応: K・J・T・Sタイプ/大容量バッテリ) RTR-505-TCL 1個 ¥22,960 2-5日
おんどとり ワイヤレス (電圧) RTR-505-V 1個 ¥18,700 2-5日
おんどとり ワイヤレス (電圧/大容量バッテリ) RTR-505-VL 1個 ¥21,260 2-5日
おんどとり ワイヤレス (電流) RTR-505-mA 1個 ¥18,700 問合せ
おんどとり ワイヤレス (電流/大容量バッテリ) RTR-505-mAL 1個 ¥21,260 問合せ
おんどとり ワイヤレス (パルス) RTR-505-P 1個 ¥18,000 問合せ
おんどとり ワイヤレス (パルス/大容量バッテリ) RTR-505-PL 1個 ¥21,000 問合せ
おんどとり ワイヤレス (温度・湿度・照度・紫外線) RTR-574 1個 ¥32,300 問合せ
おんどとり ワイヤレス (温度・湿度・照度・紫外線/高精度タイプ) RTR-574-H 1個 ¥39,960 問合せ
おんどとり ワイヤレス (温度・湿度・CO2) RTR-576 1個 ¥47,600 2-5日
おんどとり ワイヤレス (温度・湿度・CO2/高精度タイプ) RTR-576-H 1個 ¥55,260 問合せ
おんどとり ネットワークベースステーション (データ収集機) RTR-500NW 1個 ¥33,160 2-5日
おんどとり ネットワークベースステーション (データ収集機) RTR-500AW 1個 ¥38,260 2-5日
おんどとり ワイヤレスベースステーション (データ収集機) RTR-500C 1個 ¥22,960 2-5日
おんどとり ポータブルデータコレクタ (データ収集機) RTR-500DC 1個 ¥27,200 2-5日
おんどとり モバイルベースステーション (データ収集機) RTR-500MBS-A 1個 ¥47,000 2-5日

商品のご注文・お見積書印刷は、表左端の「商品選択」欄のご希望商品をチェックして、「商品を注文する」ボタンをクリックしてください。

シリーズ紹介 / おんどとり ワイヤレス RTR-500シリーズ

商品ラインナップ

おんどとり ワイヤレス RTR-500シリーズ (子機)

※RTR-500シリーズのデータロガーは子機です。親機がないと無線通信による機能はご利用いただけません。
※RTR-503・RTR-507の付属センサには防水性能がありません。
※RTR-505に付属している入力モジュールのセンサ接続部には防水性能がありません。
※RTR-574・RTR-576 の本体と付属センサには防水性能がありません。(Hタイプ含む)
※CO2濃度測定は5,000ppm以上の測定精度は保証しておりません。

データ収集機 (RTR-500シリーズ対応 親機・中継機)

おんどとり RTR-500シリーズが実現するシステム構成図

RTR-500シリーズ システム構成図

進化した次世代のワイヤレスデータロガーシステム

RTR-500 シリーズは、温度・湿度をはじめとする多様な測定項目を計測・記録する『子機』と、記録データを無線通信で収集する『親機』とで構成されています。収集したデータはUSB、Eメール送信、FTP 送信など多彩な方法でパソコンに取り込めます。
また、現在値のモニタリング・異常時の警報メール送信など自動監視も可能で、用途に合わせたデータ管理システムを構築できます。

特徴

  • RTR-500シリーズ 特徴イメージ1

    親機との無線通信によるデータ吸い上げ

    ワイヤレスデータロガーの記録データは無線通信によって親機が吸い上げます。親機との無線通信距離は約150mです。無線通信を延長したいときはRTR-500Cを中継機として設置します。

  • 高速データ吸い上げ

    データ吸い上げ時間(中継機無しの場合)
    RTR-501/502/503/505/507: フルデータ(16,000個につき)約2分20秒
    RTR-574/576: フルデータ(8,000個につき)約4分40秒

  • 最大記録データ数は16,000個

    RTR-501/502/505: 最大16,000個

    ※16,000個は記録間隔(*1)を1秒に設定した場合ですと約4時間半分、60分に設定した場合ですと約666日分の記録になります。

    RTR-503/507: 最大8,000個

    ※温度・湿度、各1チャンネルにつき8,000個の測定値を記録します。

    RTR-574/576: 最大8,000個

    ※RTR-574は照度、紫外線強度、温度、湿度、各1チャンネルにつき8,000個の測定値を記録します。RTR-576はCO2濃度、温度、湿度、各1チャンネルにつき8,000個の測定値を記録します。

    (*1)記録間隔は親機付属のソフトウェアによって、1秒から60分まで計15通りの中から選んで設定できます。

  • RTR-500シリーズ 特徴イメージ2

    省電力設計で電池駆動による長時間の使用が可能
    (RTR-501/502/503/505/507)

    RTR-501/502/503/505/507の電源はリチウム電池(LS14250)です。 常温の環境で1日に1回記録データの吸い上げ、または10分ごとにモニタリングを行った場合、電池寿命の目安は約10ヶ月間です。
    型番に“L”がつくタイプは大容量バッテリパックを装着しています。Lタイプの場合、同じ条件で約4年間電池交換不要です。

    ※RTR-574/576にはLタイプはありません。

    ※電池寿命は電池の種類、使用環境、通信回数など条件により異なります。 新しい電池を使用した場合の標準的な動作時間であり、電池寿命を保証するものではありません。

  • 様々なセンサでの計測に対応(RTR-505)

    RTR-505は付属の入力モジュールに、市販の各種センサを接続することができます。様々なセンサの出力信号を測定、記録でき、多様な用途に対応できるようになりました。

  • 測定値の調整が可能

    ワイヤレスデータロガーは、専用のアプリケーション“アジャストメントツール”を使用することにより、子機ごとに測定値の調整ができます。

充実した自動監視機能

トラブルを見逃さない警報システム

様々なツールで警報を確認できます

離れた場所で測定値をモニタリング

お客様独自のシステム構築に

製品構成

RTR-500シリーズ 製品構成

製品紹介(子機) / RTR-501・RTR-501L RTR-502・RTR-502L RTR-503・RTR-503L

温度・湿度データロガー(無線通信タイプ)

RTR-501・RTR-502・RTR-503 商品写真

※ L 型番(RTR-501L・RTR-502L・RTR-503L)は、各機種の背面に大容量電池を増設したタイプとなります。

詳細仕様

型番 RTR-501・RTR-501L RTR-502・RTR-502L RTR-503・RTR-503L
測定
チャンネル
温度1ch(内蔵) 温度1ch(外付) 温度1ch 湿度1ch(外付)
センサ サーミスタ 高分子膜抵抗式
測定範囲 -40~80℃ -60~155℃ 0~55℃ 10~95%RH
精度 平均±0.5℃ 平均±0.3℃
(-20~80℃)
平均±0.5℃
(-40~-20℃/80~110℃)
平均±1.0℃
(-60~-40℃/110~155℃)
平均±0.3℃ ±5%RH
(25℃・50%RH
において)
測定分解能 0.1℃ 1%RH
応答性 熱時定数:
約15分/Lタイプ 約25分
90%応答:
約35分/Lタイプ 約47分
熱時定数:
空気中 約30秒/攪拌水中 約4秒
90%応答:
空気中 約80秒/攪拌水中 約7秒
90%応答:約7分
液晶表示 測定値 (2ch以上は交互表示)・電池寿命警告・その他
データ
記録容量
16,000個 8,000個 × 2ch
記録間隔 1、2、5、10、15、20、30秒 1、2、5、10、15、20、30、60分 (15通りから選択)
記録モード(*1) エンドレス (記録容量がいっぱいになると先頭のデータに上書きして記録)
ワンタイム (記録容量がいっぱいになると記録を停止)
インター
フェース
無線通信 (特定小電力無線):ARIB STD-T67 (周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)
光通信 (独自プロトコル)
無線通信距離 約150m (見通しの良い直線において)
電源 リチウム電池 (LS14250) × 1 (*2) (CR2使用可能)(*3)
Lタイプ:リチウム電池 (LS26500) x 1(*4)
電池寿命 (*5) 約10ヶ月 / Lタイプ:約4年
本体寸法 縦62mm × 横47mm × 厚さ19mm / Lタイプ:縦62mm × 横47mm × 厚さ46.5mm
(突起物、センサ含まず)アンテナ長24mm
質量 約56g / Lタイプ:約109g (電池含む・センサ含まず)
本体動作環境 -40~80℃ (無線通信をする場合:-30~80℃)
防水性能 IP67 (防浸形) IP64(*6) (防まつ形、生活防水) IP64(*6) (防まつ形、生活防水)
ただし温湿度センサには防水性能なし
付属品 - 温度センサ (TR-5106) 温湿度センサ (TR-3310)
リチウム電池 (LS14250またはLS26500)・ストラップ (Lタイプ除く)・取扱説明書 (保証書付)一式
対応親機 RTR-500MBS-ARTR-500CRTR-500NW/500AWRTR-500DC

(*1) 使用するソフトウェアがRTR-500MBS for WindowsまたはRTR-500W for Windowsの場合はエンドレスのみです
(*2) 付属のリチウム電池(LS14250)は市販されていません。交換にはオプションの低温電池セット(TR-00P2)をお求めください。
(*3) CR2を使う場合は-20~60℃(RTR-507は0~60℃)の範囲内で使用してください。また、振動の多い場所での使用は避けてください。
(*4) Lタイプ付属のリチウム電池(LS26500)は市販されていません。交換にはオプションのRTR-05B2をお求めください。
(*5) 電池寿命は周辺温度、通信回数、電池性能などにより異なります。
    本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。
(*6) センサを接続した状態の防水性能です。

上記仕様は予告なく変更することがあります。

製品紹介(子機) / RTR-507・RTR-507L

温度・湿度データロガー(高精度・広範囲)

RTR-507・RTR-507L 商品写真

※ L 型番(RTR-507L)は、各機種の背面に大容量電池を増設したタイプとなります。

詳細仕様

型番 RTR-507・RTR-507L
測定
チャンネル
温度1ch・湿度1ch(外付)
センサ 白金測温抵抗体 静電容量式
測定範囲 -30~80℃ 0~99%RH
精度 ±0.3℃
(0~50℃)
±0.5℃
(その他)
±2.5%RH
(25℃・10~85%RH)
±4.0%RH
(25℃・0~10%RH/85~99%RH)
※25℃以外は上記精度に±0.1%RH/℃を加算(0℃以上の環境下において)
湿度ヒステリシス:±1.5%RH以下
(*8)
測定分解能 0.1℃ 0.1%RH
応答性 90%応答:7分 90%応答:約20秒
液晶表示 測定値 (交互表示)・電池寿命警告・その他
データ
記録容量
8,000個 × 2ch
記録間隔 1、2、5、10、15、20、30秒 1、2、5、10、15、20、30、60分 (15通りから選択)
記録モード(*1) エンドレス (記録容量がいっぱいになると先頭のデータに上書きして記録)
ワンタイム (記録容量がいっぱいになると記録を停止)
インター
フェース
無線通信 (特定小電力無線):ARIB STD-T67 (周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)
光通信 (独自プロトコル)
無線通信距離 約150m (見通しの良い直線において)
電源 リチウム電池 (LS14250) × 1 (*2) (CR2使用可能)(*3)
Lタイプ:リチウム電池 (LS26500) x 1(*4)
電池寿命 (*5) 約10ヶ月 / Lタイプ:約4年
本体寸法 縦62mm × 横47mm × 厚さ19mm / Lタイプ:縦62mm × 横47mm × 厚さ46.5mm
(突起物、センサ含まず)アンテナ長24mm
質量 約56g / Lタイプ:約109g (電池含む・センサ含まず)
本体動作環境 -40~80℃ (無線通信をする場合:-10~80℃)(*7)
防水性能 IP64(*6) (防まつ形、生活防水)
ただし温湿度センサには防水性能なし
付属品 リチウム電池 (LS14250またはLS26500)・高精度温湿度センサ (HHB-3101)
ストラップ (Lタイプ除く)・取扱説明書 (保証書付)一式
対応親機 RTR-500MBS-ARTR-500CRTR-500NW/500AWRTR-500DC

(*1) 使用するソフトウェアがRTR-500MBS for WindowsまたはRTR-500W for Windowsの場合はエンドレスのみです
(*2) 付属のリチウム電池(LS14250)は市販されていません。交換にはオプションの低温電池セット(TR-00P2)をお求めください。
(*3) CR2を使う場合は-20~60℃(RTR-507は0~60℃)の範囲内で使用してください。また、振動の多い場所での使用は避けてください。
(*4) Lタイプ付属のリチウム電池(LS26500)は市販されていません。交換にはオプションのRTR-05B2をお求めください。
(*5) 電池寿命は周辺温度、通信回数、電池性能などにより異なります。
    本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。
(*6) センサを接続した状態の防水性能です。
(*7) RTR-507は-10℃以下でも無線通信はできますが、測定値に影響がでる場合があります。
(*8) 高温高湿の環境(50℃/75%RH、60℃/50%RH、70℃/35%RH、80℃/25%RH以上)で使用すると、センサのヒステリシスが
    大きくなり±1.5%RH以上ずれることがあります。初期の状態に戻るまでに数日かかる場合があります。

上記仕様は予告なく変更することがあります。

製品紹介(子機) / RTR-505(RTR-505-Pt/PtL・RTR-505-TC/TCL・RTR-505-V/VL)

温度(Pt100/Pt1000・熱電対)・電圧データロガー

RTR-505-TC・RTR-505-Pt・RTR-505-V 商品写真

※ L 型番(RTR-507L)は、各機種の背面に大容量電池を増設したタイプとなります。

詳細仕様

型番 RTR-505-Pt/PtL RTR-505-TC/TCL RTR-505-V/VL
測定
チャンネル
温度1ch 温度1ch 電圧1ch
センサ Pt100・Pt1000 (3線式) 熱電対 K・J・T・S -
測定範囲 -199~600℃ -199~1700℃ 0~22V
精度 ±(0.3℃+読み値の0.3%)
[10~40℃]
±(0.5℃+読み値の0.3%)
[-40~10℃ / 40~80℃]
[ ] 内は入力モジュールの環境温度
熱電対測定精度
±(0.3℃+読み値の0.3%)
[K・J・Tタイプ]
±(1℃+読み値の0.3%)
[Sタイプ]
冷接点補償精度
±0.3℃
[10~40℃]
±0.5℃
[-40~10℃/40~80℃]
[ ] 内は入力モジュールの環境温度
±(0.5mV+読み値の0.3%)
[10~40℃]
±(1mV+読み値の0.5%)
[-40~10℃ / 40~80℃]
[ ] 内は入力モジュールの環境温度
測定分解能 0.1℃ K・J・Tタイプ:0.1℃
Sタイプ:約0.2℃
400mVまで0.1mV
800mVまで0.2mV
999mVまで0.4mV
3.2Vまで1mV
6.5Vまで2 mV
9.999Vまで4mV
22Vまで10mV
液晶表示 測定値・電池寿命警告・その他
データ
記録容量
16,000個
記録間隔 1、2、5、10、15、20、30秒 1、2、5、10、15、20、30、60分 (15通りから選択)
記録モード(*1) エンドレス (記録容量がいっぱいになると先頭のデータに上書きして記録)
ワンタイム (記録容量がいっぱいになると記録を停止)
インター
フェース
無線通信 (特定小電力無線):ARIB STD-T67 (周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)
光通信 (独自プロトコル)
無線通信距離 約150m (見通しの良い直線において)
電源 リチウム電池 (LS14250) × 1 (*2) (CR2使用可能)(*3)
Lタイプ:リチウム電池 (LS26500) x 1(*4)
電池寿命 (*5) 約10ヶ月 / Lタイプ:約4年
本体寸法 縦62mm × 横47mm × 厚さ19mm / Lタイプ:縦62mm × 横47mm × 厚さ46.5mm
(突起物、入力モジュール含まず)アンテナ長24mm
質量 約56g / Lタイプ:約109g (電池含む・センサ含まず)
本体動作環境 -40~80℃ (無線通信をする場合:-30~80℃)
防水性能 IP64(*6) (防まつ形、生活防水)
ただし温湿度センサには防水性能なし
付属品 入力モジュール (PTM-3010) 入力モジュール (TCM-3010) 入力モジュール (VIM-3010)
リチウム電池 (LS14250またはLS26500)・ストラップ (Lタイプ除く)・取扱説明書 (保証書付)一式
対応親機 RTR-500MBS-ARTR-500CRTR-500NW/500AWRTR-500DC

(*1) 使用するソフトウェアがRTR-500MBS for WindowsまたはRTR-500W for Windowsの場合はエンドレスのみです
(*2) 付属のリチウム電池(LS14250)は市販されていません。交換にはオプションの低温電池セット(TR-00P2)をお求めください。
(*3) CR2を使う場合は-20~60℃(RTR-507は0~60℃)の範囲内で使用してください。また、振動の多い場所での使用は避けてください。
(*4) Lタイプ付属のリチウム電池(LS26500)は市販されていません。交換にはオプションのRTR-05B2をお求めください。
(*5) 電池寿命は周辺温度、通信回数、電池性能などにより異なります。
    本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。
(*6) センサを接続した状態の防水性能です。

上記仕様は予告なく変更することがあります。

製品紹介(子機) / RTR-505(RTR-505-mA/mAL・RTR-505-P/PL)

温度(Pt100/Pt1000・熱電対)・電圧データロガー

RTR-505-mA・RTR-505-P 商品写真

※ L 型番(RTR-507L)は、各機種の背面に大容量電池を増設したタイプとなります。

詳細仕様

型番 RTR-505-mA/mAL RTR-505-P/PL
測定
チャンネル
4-20mA 1ch パルス 1ch
センサ - -
測定範囲 0~20 mA (40 mAまで動作可能) [ 入力信号 ]
・無電圧接点入力
・電圧入力 (0~27 V)
[ 検出電圧 ]
Lo: 0.5 V以下
Hi: 2.5 V以上
[ チャタリングフィルタ ]
ON: 15Hz以下
OFF: 3.5kHz以下
[ カウント可能最大数 ]
61,439/記録間隔
精度 ±(0.05 mA + 読み値の0.3%)[10~40℃]
±(0.1mA + 読み値の0.3%)[-40~10℃/40~80℃]
[ ] 内は入力モジュールの環境温度
測定分解能 0.01 mA
液晶表示 測定値・電池寿命警告・その他
データ
記録容量
16,000個
記録間隔 1、2、5、10、15、20、30秒 1、2、5、10、15、20、30、60分 (15通りから選択)
記録モード(*1) エンドレス (記録容量がいっぱいになると先頭のデータに上書きして記録)
ワンタイム (記録容量がいっぱいになると記録を停止)
インター
フェース
無線通信 (特定小電力無線):ARIB STD-T67 (周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)
光通信 (独自プロトコル)
無線通信距離 約150m (見通しの良い直線において)
電源 リチウム電池 (LS14250) × 1 (*2) (CR2使用可能)(*3)
Lタイプ:リチウム電池 (LS26500) x 1(*4)
電池寿命 (*5) 約10ヶ月 / Lタイプ:約4年
本体寸法 縦62mm × 横47mm × 厚さ19mm / Lタイプ:縦62mm × 横47mm × 厚さ46.5mm
(突起物、入力モジュール含まず)アンテナ長24mm
質量 約56g / Lタイプ:約109g (電池含む・センサ含まず)
本体動作環境 -40~80℃ (無線通信をする場合:-30~80℃)
防水性能 IP64(*6) (防まつ形、生活防水)
ただし温湿度センサには防水性能なし
付属品 入力モジュール (AIM-3010) 入力モジュール (PIC-3010)
リチウム電池 (LS14250またはLS26500)・ストラップ (Lタイプ除く)・取扱説明書 (保証書付)一式
対応親機 RTR-500MBS-ARTR-500CRTR-500NW/500AWRTR-500DC

(*1) 使用するソフトウェアがRTR-500MBS for WindowsまたはRTR-500W for Windowsの場合はエンドレスのみです
(*2) 付属のリチウム電池(LS14250)は市販されていません。交換にはオプションの低温電池セット(TR-00P2)をお求めください。
(*3) CR2を使う場合は-20~60℃(RTR-507は0~60℃)の範囲内で使用してください。また、振動の多い場所での使用は避けてください。
(*4) Lタイプ付属のリチウム電池(LS26500)は市販されていません。交換にはオプションのRTR-05B2をお求めください。
(*5) 電池寿命は周辺温度、通信回数、電池性能などにより異なります。
    本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。
(*6) センサを接続した状態の防水性能です。

上記仕様は予告なく変更することがあります。

製品紹介(子機) / RTR-574・RTR-574-H

温度・湿度・照度・UV データロガー(高精度・広範囲)

RTR-574・RTR-574-H 商品写真

詳細仕様

型番 RTR-574 RTR-574-H
温湿度センサ
測定
チャンネル
温度1ch 湿度1ch 温度1ch 湿度1ch
センサ THA-3151 HHA-3151(高精度タイプ)
サーミスタ 高分子膜抵抗式 白金測温抵抗体 静電容量式
測定範囲 0~55℃ 10~95%RH -30~80℃ 0~99%RH
本体は0~45℃、90%RH以下の範囲で使用してください。
精度 ±0.5℃ ±5%RH
(25℃・50%RH
において)
±0.3℃
(0~50℃)
±0.5℃
(その他)
±2.5%RH
(25℃ 10~85%RH)
±4.0%RH
(25℃ 0~10%RH
85~99%RH)

25℃以外は上記精度に
±0.1%RH/℃を加算
(0℃以上の環境下において)
湿度ヒステリシス:
±1.5%RH以下 (*1)
測定分解能 0.1℃ 1%RH 0.1℃ 0.1%RH
応答性 90%応答:約7分 90%応答:約7分 90%応答:約20秒
照度紫外線センサ
測定
チャンネル
照度1ch・紫外線強度1ch
センサ ISA-3151
測定範囲 照度:0lx~130klx 紫外線強度:0~30mW/cm2
積算値
表示範囲
照度:0lxh~90Mlxh 紫外線強度:0mW~62W/cm2h
精度 照度:10lx~100klx: ±5% (25℃/50%RHにおいて)
紫外線強度:0.1~30mW/cm2:±5% (25℃/50%RHにおいて)(*2)
分光感度 照度:JIS一般型A級相当 紫外線強度:260~400nm(UVA/UVB)
測定分解能 照度:最小0.01lx 紫外線強度:最小0.001mW/cm2
応答性 90%応答:3秒 (記録間隔が1秒の場合)または 6秒 (その他の記録間隔)
共通仕様
液晶表示 測定値・電池寿命警告・その他
測定値:照度/紫外線強度/温度/湿度/積算照度/積算紫外線量
表示形式:巡回表示 / 固定表示
表示桁数:最大4桁
データ
記録容量
8,000個 × 4ch
記録間隔 1、2、5、10、15、20、30秒 1、2、5、10、15、20、30、60分 (15通りから選択)
記録モード(*3) エンドレス (記録容量がいっぱいになると先頭のデータに上書きして記録)
ワンタイム (記録容量がいっぱいになると記録を停止)
インター
フェース
無線通信 (特定小電力無線):ARIB STD-T67 (周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)
USB通信・シリアル通信 (RS-232C)通信(*4)
無線通信距離 約150m (見通しの良い直線において)
電源 単3アルカリ電池 (LR6) × 1
電池寿命 (*5) 約4ヶ月
本体寸法 縦55mm × 横78mm × 厚さ18mm (突起物含まず)アンテナ長60mm
質量 約68g (電池含む・センサ含まず)
本体動作環境 温度:-10~60℃
湿度:90%RH以下 (結露しないこと)
付属品 温湿度センサ (THA-3151) 温湿度センサ (HHA-3151)
単3アルカリ電池 (LR6)・USB通信ケーブル (US-15C)
照度紫外線センサ (ISA-3151)・取扱説明書 (保証書付)一式
対応親機 RTR-500MBS-ARTR-500CRTR-500NW/500AWRTR-500DC

(*1) 高温高湿の環境(50℃/75%RH、60℃/50%RH、70℃/35%RH、80℃/25%RH以上)で使用すると、センサのヒステリシスが
    大きくなり±1.5%RH以上ずれることがあります。初期の状態に戻るまでに数日かかる場合があります。
(*2) 当社校正光源における校正基準器に対しての値です。
(*3) 使用するソフトウェアがRTR-500MBS for WindowsまたはRTR-500W for Windowsの場合はエンドレスのみです
(*4) データコレクタ RTR-500DCとの通信用です。オプションのシリアル通信ケーブル (TR-6C10) が必要です。
(*5) 電池寿命は周辺温度、通信回数、電池性能などにより異なります。
    本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。

上記仕様は予告なく変更することがあります。

製品紹介(子機) / RTR-576・RTR-576-H

温度・湿度・CO2 データロガー(高精度・広範囲)

RTR-576・RTR-576 商品写真

詳細仕様

型番 RTR-576 RTR-576-H
温湿度センサ
測定
チャンネル
温度1ch 湿度1ch 温度1ch 湿度1ch
センサ THA-3001 HHA-3151(高精度タイプ)
サーミスタ 高分子膜抵抗式 白金測温抵抗体 静電容量式
測定範囲 0~55℃ 10~95%RH -30~80℃ 0~99%RH
精度 ±0.5℃ ±5%RH
(25℃・50%RH
において)
±0.3℃
(0~50℃)
±0.5℃
(その他)
±2.5%RH
(25℃ 10~85%RH)
±4.0%RH
(25℃ 0~10%RH
85~99%RH)

25℃以外は上記精度に
±0.1%RH/℃を加算
(0℃以上の環境下において)
湿度ヒステリシス:
±1.5%RH以下 (*1)
測定分解能 0.1℃ 1%RH 0.1℃ 0.1%RH
応答性 90%応答:約7分 90%応答:約7分 90%応答:約20秒
CO2センサ(内蔵)
測定
チャンネル
CO2濃度1ch
センサ NDIR方式
測定範囲 0~9,999ppm
精度 ±(50ppm+読み値の5%) (5,000ppm以下において)(*2)
測定分解能 最小1ppm
応答性 90%応答:約1分
共通仕様
液晶表示 測定値・電池残量・その他
測定値:CO2濃度、温度または湿度 (交互表示/固定表示)
データ
記録容量
8,000個 × 3ch
記録間隔 1、2、5、10、15、20、30秒 1、2、5、10、15、20、30、60分 (15通りから選択)
記録モード(*3) エンドレス (記録容量がいっぱいになると先頭のデータに上書きして記録)
ワンタイム (記録容量がいっぱいになると記録を停止)
インター
フェース
無線通信 (特定小電力無線):ARIB STD-T67 (周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)
USB通信・シリアル通信 (RS-232C)通信(*4)
無線通信距離 約150m (見通しの良い直線において)
外部警報端子 (*5) 出力端子:オープンドレイン出力 (OFF時の電圧DC30V以下/ON 電流0.1A以下/ON 抵抗15Ω)
電源 ACアダプタ (AD-0638)、単3アルカリ電池 (LR6) × 4
電池寿命 (*6) 約2日間 (AC電源なしの場合)
本体寸法 縦96mm × 横66mm × 厚さ46mm (突起物、温湿度センサ含まず)アンテナ長60mm
質量 約220g (電池含む・センサ含まず)
本体動作環境 温度:0~45℃
湿度:90%RH以下 (結露しないこと)
付属品 温湿度センサ (THA-3001) 温湿度センサ (HHA-3151)
単3アルカリ電池 (LR6)× 4・ACアダプタ (AD-0638)
USB通信ケーブル(US-15C)・取扱説明書 (保証書付)一式
対応親機 RTR-500MBS-ARTR-500CRTR-500NW/500AWRTR-500DC

(*1) 高温高湿の環境(50℃/75%RH、60℃/50%RH、70℃/35%RH、80℃/25%RH以上)で使用すると、センサのヒステリシスが
    大きくなり±1.5%RH以上ずれることがあります。初期の状態に戻るまでに数日かかる場合があります。
(*2) オートキャリブレーションが正常に動作している場合です。気圧によって誤差が生じるので、
    気圧が10hPa下がるごとにCO2濃度の測定値も1.6%下がります。親機付属のソフトウェアから気圧補正することをおすすめします。
(*3) 使用するソフトウェアがRTR-500MBS for WindowsまたはRTR-500W for Windowsの場合はエンドレスのみです
(*4) データコレクタ RTR-500DCとの通信用です。オプションのシリアル通信ケーブル(TR-6C10) が必要です。
(*5) 外部警報端子を使用する場合は、適合コネクタPAP-04V-S(J.S.T社製)を別途用意してください。
(*6) 電池寿命は周辺温度、通信回数、電池性能などにより異なります。
    本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。

上記仕様は予告なく変更することがあります。

製品紹介(親機) / RTR-500NW・RTR-500AW

ネットワークベースステーション(無線LAN/有線LAN)(データ収集機)

RTR-500AW・RTR-500NW 商品写真

LAN通信機能を搭載したネットワーク対応型の親機で、有線LAN接続タイプのRTR-500NWと、無線LAN接続タイプのRTR-500AWから選べます。また、無線で子機(ワイヤレスデータロガーRTR-500シリーズ)と通信し、記録データを収集、送信(FTP/SMTP)したり、警報監視したりすることができます。
“おんどとり Web Storage” に対応しており、インターネット経由でのモニタリング、データ収集を手軽に実現します。

※通信方式は有線LAN専用のNWタイプ、無線LAN(IEEE802.11b/g)専用のAWタイプをラインアップしています。

RTR-500NW/AWが実現するシステム構成図

RTR-500AW・RTR-500NW システム構成図

特徴

  • RTR-500AW・RTR-500NW 特徴イメージ1

    無線通信機能と
    ネットワーク通信機能を備えた親機

    RTR-500NWは有線LAN専用、RTR-500AWは無線LAN専用です。
    無線通信で子機(Wireless Data Loggers RTR-500 series)の記録データを吸い上げ、ネットワーク経由で遠隔地へのデータ送信が可能です。
    子機との無線通信距離は約150mで、別途中継機を設置することで、さらに無線通信距離を延長することが可能です。

    ※1台に登録できる数
    子機:最大100台/中継機:1グループにつき10台/グループ数:10グループ

  • RTR-500AW・RTR-500NW 特徴イメージ2

    データ送信機能

    RTR-500NW/500AWは、定期的にRTR-500シリーズ子機の記録データや現在値を無線通信で吸い上げ、Eメール、FTPサーバあるいは“おんどとり Web Storage”へ送信することができます。

  • RTR-500AW・RTR-500NW 特徴イメージ3

    警報監視機能

    子機ごとに上限値、下限値、警報判定時間を設定でき、指定したメールアドレス(4件まで指定可能)に警報メールを送信できます。

    ※警報内容
    ・測定値が設定した上下限値の範囲を超えた場合
    ・センサエラー(接触不良等)が起きた場合
    ・子機の電池残量が少なくなった場合
    ・無線通信が一定時間連続して失敗した場合
    ・上記の警報状態が解除された場合
    ・外部接点入力からの信号がONの状態になった場合

    ※警報動作
    (判定時間は設定された上下限値を超えた状態が持続した時間です。10秒から60分まで12通りの設定が可能です。)
    [警報LEDの点灯]
    RTR-500NW/500AWの警報LEDが点灯します。
    [警報メールを送信]
    設定されたEメールアドレスに、警報メールを送信します。
    [外部接点出力]
    警報LEDと連動し、RTR-500NW/500AWの外部出力もONの状態になります。出力端子にサイレンやブザーなど、警報表示端末を接続すれば、より確実に警報発生を把握できます。
    [外部接点入力]
    遮断器、開閉器、電磁接触器など設備監視システムをRTR-500NW/500AWの入力端子に接続し、外部からの電力信号(ON/OFF)を検知できるようにします。信号がONの状態になると警報メールを送信します。

  • 記録データモニタリング

    登録されたグループごとに子機の記録データをモニタリングできます。モニタリング画面はトレンドグラフ形式で自動的に表示が更新されます。

  • RTR-500AW・RTR-500NW 特徴イメージ4

    ネットワーク経由で
    子機登録や設定変更が可能

    一旦運用を開始してから「子機を追加登録したい」、「子機の登録内容を変更したい」という場合、手元にRTR-500Cを用意することで、ネットワーク経由での変更が可能です。

使用事例

・冷凍庫、冷蔵庫の温度監視
・工場、倉庫、ビル設備などの温湿度、計装信号の記録と監視
・サーバールームの温湿度監視

RTR-500AW・RTR-500NW 使用事例

詳細仕様

型番 RTR-500NW・RTR-500AW
対応機種 子機:RTR-501/502/503/507/574/576/505-TC/505-Pt/505-V (Lタイプ・Hタイプ含む)
中継機:RTR-500C
最大登録台数 子機:100台 中継機:10台 × 10グループ
インタフェース [親機 -(中継機)- 子機間]
無線通信 (特定小電力無線):ARIB STD-T67 (周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)
光通信 (独自プロトコル)RTR-574/576を除く
[親機 - PC間]
RTR-500NW:有線LAN
RJ45コネクタ 100BASE-TX/10BASE-T AutoMIDI/MDI-X
RTR-500AW:無線LAN
無線LANアンテナ内蔵 IEEE 802.11b/g WEP (64bit/128bit)/WPA-TKIP/WPA2-AES
USB通信 (設定用)
無線通信距離 約150m (見通しの良い直線において)
通信時間 [データ吸い上げ時間]
無線通信:データ16,000個につき約2分20秒
(中継機使用時は中継機1台に付き上記時間を加算)
外部警報
入力/出力端子
[警報入力端子]
3V 100kΩのプルアップ
許容入力電圧:30V
[警報出力端子]
OFF時の電圧:AC/DC50V以下
ON電流:0.1A以下
ON抵抗:35Ω
通信プロトコル SMTP (POP before SMTP・SMTP-AUTH (LOGIN))・FTP・SNTP・DHCP・DNS
電源 ACアダプタ (AD-0638)
本体寸法 縦83mm × 横102mm × 厚さ28mm (アンテナ含まず)
アンテナ長:90mm
質量 RTR-500NW:約130g RTR-500AW:約120g
本体動作環境 温度:-10~60℃
湿度:20~80%RH 以下 (結露しないこと)
付属品 USB通信ケーブル (US-15C)・LANケーブル (LN-20W RTR-500NWのみ付属)・ACアダプタ (AD-0638)
ソフトウェア (CD-ROM)・取扱説明書 (保証書付) 一式
ソフトウェア RTR-500W for Windows
ソフトウェア
対応OS
Windows8 (32/64bit・日本語) Windows7 (32/64bit・日本語)
Windows Vista (32bit/SP1以降・日本語) Windows XP (32bit/SP3以降・日本語) (*1)(*2)
.NET Framework 4 Client Profile 必須 (*3)

(*1) インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
(*2) Windows 8をご利用の場合、弊社ソフトウェアは [デスクトップ] 画面での動作のみサポート対象となります。
(*3) .NET Framework 4 Client Profileがインストールされていない場合、
    ソフトウェアのインストール時に自動的に.NET Framework 4 Client Profileもインストールされます。

上記仕様は予告なく変更することがあります。

製品紹介(親機) / RTR-500C

ワイヤレスベースステーション(データ収集機)

RTR-500C 商品写真

RTR-500Cは「ワイヤレスデータロガーRTR-500シリーズ」の親機、中継機としてご利用いただける無線通信装置です。
パソコンとはUSBで簡単に接続することができ、付属ソフトウェア上で対応子機と通信し、記録データのモニタリング、自動収集、警報監視を実現します。

RTR-500Cが実現するシステム構成図

RTR-500C システム構成図

特徴

  • RTR-500C 特徴イメージ1

    親機・中継機として動作

    RTR-500Cは親機として子機のデータを無線で収集します。
    また、親機・子機間の中継機としてご使用いただくことにより無線通信を延長できます。

    ※1台に登録できる数
    子機:32台 × 20グループ(最大640台)
    中継機:1グループにつき30台

  • 記録データ自動収集

    子機が記録したデータをあらかじめ設定した時間に収集することができます。毎日または曜日の指定、さらに時間を指定して8パターンまで設定可能です。収集したデータはネットワークを経由してSMTPサーバ(Eメール)もしくはFTPサーバ、“おんどとり Web Storage” へ自動的に送信することができます。

  • 測定値送信機能

    直近の記録データをSMTPサーバ(Eメール)もしくはFTPサーバへ最短5分間隔で送信できます。

  • 記録データモニタリング

    登録されたグループごとに子機の記録データをモニタリングできます。モニタリング画面はトレンドグラフ形式で自動的に表示が更新されます。

  • 警報監視

    子機ごとに上限値、下限値、警報判定時間を設定でき、指定したメールアドレス(4件まで指定可能)に警報メールを送信できます。

    ※警報内容
    ・測定値が設定した上下限値の範囲を超えた場合
    ・センサエラー(接触不良等)が起きた場合
    ・子機の電池残量が少なくなった場合
    ・無線通信が一定時間連続して失敗した場合
    ・上記の警報状態が解除された場合

使用事例

・工場やビル設備の温度、湿度の記録と監視
・病院の薬品庫、血液保管所などの温度、湿度の記録と監視
・コンビニ、スーパーの冷凍庫、冷蔵庫の温度管理
・美術館、資料館の展示品や資料の劣化防止対策に

RTR-500C 使用事例

詳細仕様

型番 RTR-500C
対応機種 子機:RTR-501/502/503/507/574/576/505-TC/505-Pt/505-V (Lタイプ・Hタイプ含む)
中継機:RTR-500C
最大登録台数 子機:32台 × 20グループ 中継機:30台 × 20グループ
インタフェース [親機 -(中継機)- 子機間]
無線通信 (特定小電力無線):ARIB STD-T67 (周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)
光通信 (独自プロトコル)RTR-574/576を除く
[親機 - PC間]
USB通信・シリアル通信 (RS-232C)(*1)
無線通信距離 約150m (見通しの良い直線において)
通信時間 [データ吸い上げ時間]
無線通信:データ16,000個につき約2分20秒
(中継機使用時は中継機1台に付き上記時間を加算)
通信プロトコル SMTP (POP before SMTP・SMTP-AUTH (LOGIN/PLAIN/CRAM-MD5))・FTP(*2)
電源(*3) USBバスパワー・単三乾電池×2本・ACアダプタ (AD-0638)
電池寿命(*4) 中継機として単三乾電池×2本にて利用した場合:約6ヶ月
(1日1回フルデータ吸い上げ/中継機1台の場合)
本体寸法 縦96mm × 横65mm × 厚さ25mm (アンテナ含まず)
アンテナ長:55mm
質量 約71g (電池含まず)
本体動作環境 温度:-10~60℃ (外部電源使用時-30~60℃)
湿度:20~80%RH 以下 (結露しないこと)
付属品 USB通信ケーブル (US-15C)・ソフトウェア (CD-ROM)・取扱説明書 (保証書付) 一式
ソフトウェア RTR-500C for Windows
ソフトウェア
対応OS
Windows8 (32/64bit・日本語) Windows7 (32/64bit・日本語)
Windows Vista (32bit/SP1以降・日本語) Windows XP (32bit/SP3以降・日本語) (*5)(*6)
.NET Framework 2.0 必須 (*7)

(*1) 別途公開の通信プロトコルを使用し、お客様ご自身でソフトウェアを作成していただければシリアル通信が可能となります。
    その場合オプションのシリアル通信ケーブル(TR-07C)が必要です。
(*2) 付属ソフトウェアによって実現される機能です。
(*3) USB 接続での使用時は電池やAC アダプタは不要です。
    中継機として使用する場合は単3アルカリ電池またはACアダプタを別途用意してください。
(*4) 電池寿命は周辺温度、通信回数、電池性能などにより異なります。
    本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。
(*5) インストール時、Administrator(パソコンの管理者)の権限が必要になります。
(*6) Windows8をご利用の場合、弊社ソフトウェアは[ デスクトップ ]画面での動作のみサポート対象となります。
(*7) .NET Framework 2.0 がインストールされていない場合は、ソフトウェアのインストール時に自動的にインストールされます。

上記仕様は予告なく変更することがあります。

製品紹介(親機) / RTR-500DC

ポータブルデータコレクタ(データ収集機)

RTR-500DC 商品写真

RTR-500DCは「ワイヤレスデータロガーRTR-500シリーズ」のポータブルタイプの親機です。
データロガーと無線通信で離れた場所から記録開始、記録データの収集、現在値のモニタリング、警報監視ができます。パソコンと接続しなくても、記録データを収集したその場でグラフ表示し、確認することができます。

RTR-500DCが実現するシステム構成図

RTR-500DC システム構成図

特徴

  • 無線通信タイプのデータコレクタ

    RTR-500DCはデータロガーと無線で通信し測定データを収集します。データロガーとの無線通信距離は見通しのよい直線距離で約150mです。RTR-500Cを中継機として登録すれば、無線通信距離を伸ばすことができます。

    ※1台に登録できる数
    子機:1グループにつき32台まで(RTR-505/RTR-574は1グループにつき16台まで)
    中継機:1グループにつき15台まで
    グループ数:7グループまで

  • RTR-500DC 特徴イメージ1

    吸い上げたその場でグラフ表示

    RTR-500DCで収集したデータはその場でグラフ表示できます。
    グラフは1チャンネル分のデータごとに表示されます。設定した上限値/下限値を超えたかの判定結果の確認、データ中の最大値/最小値の確認、グラフの拡大表示が可能です。

  • RTR-500DC 特徴イメージ2

    モニタリングと警報監視機能

    RTR-500DCは設定した周期でデータロガーと無線通信して、データロガーの現在値を取得するモニタリング機能があります。
    専用ソフトウェアで上限値/下限値を設定したデータロガーに対しては同時に警報監視を行い、上下限値を超えた場合は警報ブザーを鳴らし、画面上に警報アイコンを表示します。

  • RTR-500DC 特徴イメージ3

    複数のRTR-500DCで
    共通のデータロガーを管理

    複数のRTR-500DCでデータロガーを共有することもできます。
    モニタリング用とデータ収集用でRTR-500DCを使いわけたり、関係者全員が1台ずつRTR-500DCを携帯したりすることができます。
    1台のRTR-500DCに子機を登録をした後、専用ソフトウェアによってRTR-500DCの登録情報を読み込む、または、専用ソフトウェアは使わずに、RTR-500DCの“ビジタ登録”機能によって読み込む、という2つの方法があります。

    ※ビジタ登録
    すでに別の親機に子機登録されているデータロガーも、RTR-500DCに載せてビジタ登録することで一時的に無線通信することができるようになります。

  • 収集したデータをパソコンで管理

    RTR-500DCで収集した記録データは専用ソフトウェアでパソコンに吸い上げて保存、グラフ表示ができます。
    データロガーの登録や設定も専用ソフトウェアから行います。

  • RTR-500DC 特徴イメージ4

    片手で簡単操作

    RTR-500DC本体の主な操作はジョグダイヤルとボタンで行います。
    画面に表示されるメニューを選択する方式なので、感覚的かつスピーディーに操作することができます。

  • 多彩な電源と省電力機能

    電源は単4アルカリ電池2本です。他にも単4ニッケル水素電池、USBバス、専用ACアダプタ(オプション)で電源供給が可能です。
    電池を電源にして利用する場合、電池の消耗を防ぐため、電源を入れたまま3分間操作しないと自動的に電源が切れるオートパワーオフ機能が備わっています。

  • 暗いところでも見やすいバックライト付液晶ディスプレイ

    暗い場所でも見やすいバックライト機能付液晶ディスプレイです。
    省電力機能により5秒以上操作しなかった場合は、バックライトが自動的にOFFになります。
    再度操作を開始すると自動的にONになります。ACアダプタを電源にして利用する場合は常時ONの状態になります。

  • ファームウェアのアップデートはお手元で

    ファームウェアバージョンアップなど、製品に関する最新情報とプログラムはサポートインフォメーションページでご案内しています。
    新機種発売に伴う対応機種の変更など、お手元でRTR-500DC本体のファームウェアのアップデートが可能です。

使用事例

・工場やビル設備の温度、湿度の記録と監視
・病院の薬品庫、血液保管所などの温度、湿度の記録と監視
・コンビニ、スーパーの冷凍庫、冷蔵庫の温度管理
・美術館、資料館の展示品や資料の劣化防止対策に

RTR-500DC 使用事例

詳細仕様

型番 RTR-500DC
対応機種 子機:RTR-501/502/503/507/574/576/505-TC/505-Pt/505-V (Lタイプ・Hタイプ含む)
中継機:RTR-500C
最大登録台数 子機:32台 × 7グループ(RTR-505/574/576は16台 × 7グループ)
中継機:15台 × 7グループ
データ容量 フルデータの場合:
RTR-574 × 7台分/RTR-576 × 10台分/その他の子機 × 15台分
フルデータでない場合:最大250 台分
インタフェース [親機 -(中継機)- 子機間]
無線通信 (特定小電力無線):ARIB STD-T67 (周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)
光通信 (独自プロトコル)RTR-574/576を除く
[親機 - PC間]
USB通信・シリアル通信 (RS-232C)(*1)
無線通信距離 約150m (見通しの良い直線において)
通信時間 [データ吸い上げ時間]
無線通信:データ16,000個につき約2分15秒
(中継機使用時は中継機1台に付き上記時間を加算)
光通信:データ16,000個につき約3分
シリアル通信:データ16,000個につき約22秒
電源 単4アルカリ電池×2本
(単4ニッケル水素電池、専用ACアダプタ (オプション:AD-0638)、USBバスパワーも使用可能)
電池寿命(*2) [単4アルカリ電池2本使用時に動作ができる目安]
モニタリング:連続60時間 (60秒周期/中継機なし)
周波数チャンネル使用状況確認:連続36時間
無線通信によるデータ吸い上げ:連続200回
(RTR-501のフルデータ/中継機なし/バックライトオフ)
本体寸法 縦125mm × 横58mm × 厚さ26.3mm (アンテナ含まず)
アンテナ長:57mm
質量 約127g (電池含まず)
本体動作環境 温度:0~50℃
湿度:90%RH以下 (結露しないこと)
付属品 単4アルカリ電池 (LR03)×2・USB通信ケーブル (US-15C)
ソフトウェア (CD-ROM)・取扱説明書 (保証書付) 一式
ソフトウェア RTR-500DC for Windows
ソフトウェア
対応OS
Windows8 (32/64bit・日本語) Windows7 (32/64bit・日本語)
Windows Vista (32bit/SP1以降・日本語) Windows XP (32bit/SP3以降・日本語) (*3)(*4)

(*1) 別途公開の通信プロトコルを使用し、お客様ご自身でソフトウェアを作成していただければPC間とのシリアル通信が可能となります。
    その場合オプションのシリアル通信ケーブル(TR-07C)が必要です。
(*2) 電池寿命は周辺温度、通信回数、電池性能などにより異なります。
    本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。
(*3) インストール時、Administrator(パソコンの管理者)の権限が必要になります。
(*4) Windows8をご利用の場合、弊社ソフトウェアは [ デスクトップ ] 画面での動作のみサポート対象となります。

上記仕様は予告なく変更することがあります。

製品紹介(親機) / RTR-500MBS-A

モバイルベースステーション(データ収集機)

RTR-500MBS-A 商品写真

RTR-500MBS-Aは無線通信機能、3Gデータ通信(FOMA)機能を搭載した親機です。
無線で子機(ワイヤレスデータロガーRTR-500シリーズ)から測定データを収集し、自動送信(FTP/Eメール)します。
無償のクラウドサービス“おんどとり Web Storage”に対応しておりますので、データの送信先を別途ご用意いただく必要はありません。インターネット経由でのモニタリング、データ収集を手軽に実現できます。

※NTTドコモFOMA網に対応した標準サイズのSIMカードをご利用頂けます。SIMカードは製品には付属しておりませんので、別途ご契約いただく必要があります。b-mobile等、仮想移動体通信事業者(MVNO)が提供する格安の通信プランを選択していただくこともできます。

※AC100Vで使用される場合は、別売のACアダプタ(AD-0605)をご用意ください

RTR-500MBS-Aが実現するシステム構成図

RTR-500MBS-A システム構成図

特徴

  • RTR-500MBS-A 特徴イメージ1

    無線通信機能と
    3Gデータ通信機能を備えた親機

    RTR-500MBS-Aが子機から記録データを無線通信で吸い上げ、携帯電話回線経由で記録データをEメール/FTP送信します。

    ※RTR-500MBS-Aは無線通信対応のデータロガーRTR-500シリーズの子機全機種に対応しています。

    ※SIMカードは別途ご用意していただく必要があります。

  • RTR-500MBS-A 特徴イメージ2

    広いエリアで利用できるNTTドコモFOMA網対応

    NTTドコモFOMA/Xi に対応した標準サイズのSIMカードに対応しています。FOMAがつながる場所ならどこでも使用できるので、データ収集・監視のエリアが広がります。

     ・ケーブル配線ができないエリア
     ・パソコン・ネットワーク環境がないエリア
     ・移動中の輸送車

    月々のランニングコストは携帯通信料のみです。
    最も安いプランなら月額493円でシステム構築が可能です。
    (2013年1月当社調べ)

  • RTR-500MBS-A 特徴イメージ3

    “おんどとり Web Storage”に対応

    データの送信先をT&Dの無償のクラウドサービス“おんどとり Web Storage”に設定すると、インターネット経由でデータを確認できます。遠隔地からの現在値モニタリングやデータ共有が可能になります。

  • RTR-500MBS-A 特徴イメージ4

    警報監視機能

    子機ごとに上限値、下限値、警報判定時間を設定でき、指定したメールアドレス(4件まで指定可能)に警報メールを送信できます。

    ※警報内容
    ・測定値が設定した上下限値の範囲を超えた場合
    ・センサエラー(接触不良等)が起きた場合
    ・子機の電池残量が少なくなった場合
    ・無線通信が一定時間連続して失敗した場合
    ・上記の警報状態が解除された場合
    ・外部接点入力からの信号がONの状態になった場合

    ※警報動作
    (判定時間は設定された上下限値を超えた状態が持続した時間です。10秒から60分まで12通りの設定が可能です。)
    [警報LEDの点灯]
    RTR-500MBS-Aの警報LEDが点灯します。
    [警報メールを送信]
    設定されたEメールアドレスに、警報メールを送信します。
    [外部接点出力]
    警報LEDと連動し、RTR-500MBS-Aの外部出力もONの状態になります。出力端子にサイレンやブザーなど、警報表示端末を接続すれば、より確実に警報発生を把握できます。
    [外部接点入力]
    遮断器、開閉器、電磁接触器など設備監視システムをRTR-500MBS-Aの入力端子に接続し、外部からの電力信号(ON/OFF)を検知できるようにします。信号がONの状態になると警報メールを送信します。

  • RTR-500MBS-A 特徴イメージ5

    選べる供給電源

    RTR-500MBS-Aは単3アルカリ乾電池4本で約2日間動作可能です。長期間連続使用するには別途外部電源をご用意ください。指定のACアダプタか外部電源(DC8~34V)の使用が可能です。

  • 1台につき子機20台まで一括管理可能

    1台のRTR-500MBS-Aに最大20台の子機を登録して一括管理ができます。

     [ 登録可能台数 ]
     子機:20台まで(RTR-574/576は、1台の登録を2台分としてカウントします)
     中継機:1グループにつき5台まで
     グループ数:4グループまで

  • RTR-500MBS-A 特徴イメージ6

    位置情報のモニタリングをサポート

    市販のGPSアンテナを取り付けることで位置情報の取得が可能です。現在値情報(Eメール)に地図サイトへのリンクが付きます。

    ※GPSアンテナを購入する際は、コネクタ形状にご注意ください。適合コネクタSMAプラグ(オス)

使用事例

・トラック荷室の温度モニタリングと位置情報の取得
・建設現場や無人倉庫などの自動データ収集
・ビニールハウスなどの温度監視
・山間部などネットワーク環境のない場所の遠隔データ管理

RTR-500MBS-A 使用事例

詳細仕様

型番 RTR-500MBS-A
対応機種 子機:RTR-501/502/503/507/574/576/505-TC/505-Pt/505-V
(Lタイプ・Hタイプ含む)
中継機:RTR-500C
最大登録台数 子機:20台(*1)/中継機:5台 × 4グループ
インタフェース [3Gデータ通信]
WCDMA:800/1900/2100MHz
UMTS/HSDPA 3GPP release 5 UMTS/HSDPA 3GPP release 6
[親機 -(中継機)- 子機間]
無線通信 (特定小電力無線):ARIB STD-T67 (周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)
光通信 (設定用)RTR-574/576を除く
[親機 - PC間]
USB通信 (設定用)
無線通信距離 約150m (見通しの良い直線において)
通信時間 [データ吸い上げ時間]
無線通信:データ16,000個につき約2分15秒
(中継機使用時は中継機1台に付き上記時間を加算)
(3Gデータ通信によるデータの送信時間は含まない)
外部警報入出力端子(*2) [入力端子:接点入力]
3V 100kΩのプルアップ
許容入力電圧:30V
[出力端子: オープンドレイン出力]
OFF時の電圧:AC/DC50V以下
ON電流:0.1A以下
ON抵抗:15Ω
通信プロトコル SMTP (POP before SMTP・SMTP-AUTH (LOGIN))
SMTP (SMTP over SSL) (*3)
FTP・SMS (*4)
電源 ACアダプタ (AD-0605)・外部電源 (DC8-34V)単3アルカリ乾電池 × 4
電池寿命(*5) 約2日間:AC電源/外部電源なしの場合
(警報監視(ON)/データ吸い上げ (1回/1日) /現在値送信 (10分間隔) /子機1台/中継機無しの条件において)
本体寸法 縦96mm × 横66mm × 厚さ39mm (アンテナ含まず)
固定 (Local)アンテナ長:55mm
付属 (Cellular)アンテナ長:54mm
質量 約205g (電池含む・アンテナ含む)
本体動作環境 温度:10~55℃ (外部電源使用時は-10~55℃)
湿度:90%RH以下 (結露しないこと)
付属品 単4アルカリ電池 (LR6)×4・モバイルデータ通信 (Cellular)アンテナ
USB通信ケーブル (US-15C)・外部電源ケーブル (BC-0202)
ソフトウェア (CD-ROM)・取扱説明書 (保証書付) 一式
GPSアンテナ (*6) コネクタ:SMAプラグ (オス) 電源電圧:2.5~2.7V
対応SIMカード NTTドコモ FOMA/Xi に対応したSIMカード (標準サイズ)(*7)
ソフトウェア RTR-500MBS for Windows
ソフトウェア
対応OS
Windows8 (32/64bit・日本語) Windows7 (32/64bit・日本語)
Windows Vista (32bit/SP1以降・日本語) Windows XP(32bit/SP3以降・日本語)(*8)

(*1) RTR-574 / 576 は1台の登録を2台分としてカウントします。
(*2) 外部警報端子を使用する場合は、適合コネクタ PAP-04V-S(J.S.T社製)を別途用意してください。
(*3) SMTPS(SMTP over SSL)はRTR-500MBS-Aのみ対応しています。RTR-500MBSには対応していません。
    製品裏面の型番をご確認ください。
(*4) 警報発生をSMSにて通知する場合、親機をリモートコントロールする場合に、
    SMSに対応したSIMカードが必要になります。
(*5) 電池寿命は警報通信回数、周辺温度、通信回数、電池性能などにより異なります。
    本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。
(*6) GPS機能を使用する場合は、市販のGPSアンテナが必要です。
(*7) 通信事業者との回線契約が別途必要です。RTR-500MBS-Aで利用可能なSIMカードについてを確認してください。
(*8) インストール時、Administrator(パソコンの管理者)の権限が必要になります。

上記仕様は予告なく変更することがあります。

クラウドサービス(無料)

『おんどとり Web Storage』

おんどとり Web Storage