• HOME
  • ガイガーカウンター

ガイガーカウンター

Geiger counter miniTRACE

原子力のプロフェッショナル達が使用する放射線測定器!
ガイガーカウンター

ガイガーカウンターとは

放射線測定器 ガイガーカウンター(ミニトレース)CSDFは、様々なシーンでの放射線量を高精度に計測!
(食品表面汚染・土壌・水・空間線量)原子力発電所、警察、消防、病院などの公共をはじめ、汚染管理・研究施設の安全性向上のために開発されたガイガーカウンターです。

 

※miniTRACE(ミニトレース)CSDFは、原子大国フランスで50年の実績をもつメーカー「SAFIMO」社の製品です。
(本製品はドイツ工場製造)

特徴

■コンパクトな手のひらサイズで、持ち運び自由自在(携帯用)
■2つのボタンで操作が簡単!
■1台で3役の優れもの!
 (線量率・エリア汚染・体積汚染を計測可能)
■1台で3単位の検知で、多目的に使用可能!
 (食品表面汚染、水・飲料、砂場・土壌、ホットスポット ・空間線量など)
 ※ホットスポット = 局地的に放射線量が高い場所

■特大パンケーキ型GM管の搭載で高精度の計測を実現!
 ※背面の丸い検知部分が、この特徴的な形状からパンケーキ型と呼ばれています。検知部分はとてもデリケートなので衝撃など与えないように注意して下さい。また使わないときは必ずふたを閉めておいてください。

■国際規格IEC60325 適合品で、信頼性バツグン!
■校正証明書と1年間の保証書付きで、修理も可能です。
■日本語の取扱説明書付き

仕様

■サイズ:縦139mm × 横82mm × 厚さ24mm
■重量:320g(電池含む)
■検知器:GM パンケーキ /エネルギー補償型
■有感面積: 15.55 c㎡(Cs137(蓋閉口時))
■ウィンドウ: 2 mg / c㎡(Cs137(蓋閉口時))
■高電圧: 500V
■検知放射線
 蓋閉口時:γ線
 蓋開口時:α線、β線、γ線
■感度:0.15 cps / Bq (コバルト60 )
■アラーム:視聴・視覚アラーム(ソフトウェアにて個別設定可能)
■グリッド:0.8mm St ワイヤ、80%透明性
■液晶:6 桁 LCD ディスプレイ
■温度範囲:−20℃〜+40℃
■電源:単3 乾電池 2 本 (約2000h 稼働可能)
■E.M.I 保護:IEC 60325 準拠
■表示単位
 線量率 : 0.01μSv/h 〜 5000μSv/h (Cs137 基準)
■表面汚染
 1.0.1 cps 〜9990.0 cps
 2.1 Bq 〜 30000 Bq (核種選択可能)
 3.0.1 Bq 〜 3000.0 Bq/㎡ (核種選択可能)
■体積汚染:500 〜 100000 Bq/L (Cs137 基準)
■エネルギーレンジ
 蓋閉口時:33 keV 〜 1.25 MeV (エネルギー補償)
 蓋開口時:20 keV 〜 3 MeV (エネルギー補償なし)
■CEマーク認定:EU 加盟国販売製品認定安全マーク
■付属品専用:ハードケース、ゴム足カバー(本体に付けた状態でお届けします)、日本語説明書

商品のご注文

商品選択 商品名 型番 販売単位 価格 納期 数量
ガイガーカウンター miniTRACE (CSDF) miniTRACE 1台 ¥185,000 10日

商品のご注文・お見積書印刷は、表左端の「商品選択」欄のご希望商品をチェックして、「商品を注文する」ボタンをクリックしてください。

使用方法・注意点

ガイガーカウンター
【操作方法】
1. 電源ボタンを押します。
 「起動」は長押し、「終了」は2回押しです。
2. 起動画面が表示されます。
 「ピー」という起動音が鳴り前回の使用モードで簡単に測定がスタートします。
3. 使用モードを切り替えたい時は、Modeボタンを押します。
 Modeボタンを押すと順番にモードが切り替わります。

【測定方法】
■RATEモード (空間線量率測定)
モードを合わせると測定開始
■Bqモード (放射能測定/表面汚染測定)
1. 検知器ふたを開ける
※検知器は非常に繊細なため、絶対に触れないでください。故障の原因となります。
2. 対象物に近づける
※対象になるべく近づけてください。ただし、検知器が対象物に接触すると汚染されてしまい以後正しく測定できなくなります。

【使用上のご注意】
※放射線量の高い場所、屋外などゴミが付着する可能性がある場合は、本体にビニール袋をかぶせるなどしてください。
※背面カバーを開いて、α(アルファ)線、β(ベータ)線を検知する際はビニール袋などはかぶせないでください。 (透過力が弱い為ビニールでさえぎられてしまう可能性があります)
※本機種はBq/kg(食品内部などの放射能)は表示できません。

こんなところに使われています

居住場所周辺の空間線量測定、仕事や旅行で行く場所の空間線量測定、通学・通勤コースのホットスポット調査、住居周辺のホットスポットMAPの作成、子供たちが遊ぶ公園や砂場などの表面汚染測定、米・野菜・果物・魚などの生鮮食品の表面汚染測定、水・ミルクなど液体の体積汚染測定。

※液体・食品の測定には、別売りの「食品測定キット」などが必要です。