活用事例

No.24 海外の物流企業の荷扱いが丁寧になりました!

株式会社M/山梨県/精密部品・製品製造会社/海外物流グループ 梅津様

  • ショックウォッチラベルタイプL-65 ショックウォッチ
    ラベルタイプL-65
  • ティルトウォッチ ティルトウォッチ
  • No.24 株式会社M/山梨県 0_m_ymns1
  • No.24 株式会社M/山梨県 30_m_ymns2
  • No.24 株式会社M/山梨県 30_m_ymns3
  • ショックウォッチを導入した理由は何ですか? (導入以前にどのような問題、課題があったか?)

    弊社の梱包規程によります。弊社は精密機器も扱っているため、非常に荷扱いには注意を払っています。特に輸出に関しては、海外の物流企業は荷扱いが荒いという話を聞いていたので、少し心配していました。 また、ショックウォッチを利用することで、どこで製品に破損が生じたかが分かるようになったため、責任の所在を明確にすることができました。

  • ショックウォッチ導入のメリットは? どのような効果がありましたか?

    やはり、ショックウォッチを貼っていると、荷扱いが丁寧になる、という話を聞きます。目立ちやすいですし、やはり貼ってあるだけで注意するようになるのでしょうね。

  • ショックウォッチの効果に満足していますか?

    自社の責任ではない破損についても、以前は自社で責任を負うことがありました。しかしショックウォッチを導入してからは、責任の所在が明確になり、「破損が把握しやすくなる」という意味でも活用できています。

  • case_gmen02_bn

企業プロフィール

企業名:株式会社M

事業内容:
真空部品製造、半導体製造装置組立
設立:
1984年
本社住所地:
山梨県
工場・営業所・出張所:
山梨工場、四国工場、若草工場、アメリカ支店、台湾事務所
資本金:
9,750万円
従業員数:
490名