活用事例

No.30 ショックウォッチの費用対効果と手軽さに満足しています。

M株式会社/大阪府/精密機器製造メーカー/生産管理部 新井様(仮名)

  • ショックウォッチラベルタイプL-65 ショックウォッチ
    ラベルタイプL-65

main

  • ショックウォッチを導入した理由は何ですか?(導入以前にどのような問題、課題があったか?)

    輸出製品が多く、輸送中に破損が発生した場合にどこでダメージを受けたのかを把握したいというニーズがありました。
    弊社の責任の範囲は国内の港までなのですが、弊社には『お客様の手元に届くまでが自社の責任である』というポリシーを持っており、安心してお取引していただけるようショックウォッチを導入しました。

  • ショックウォッチを活かしてどのような取り組みを実施していますか?

    万が一ショックウォッチに変色があった場合は、どこで何があったかを追跡調査しています。また、変色があった製品はすぐに返品してもらい、破損や不具合の検査を実施します。製品が国外に出てしまっている場合は、変色があってもなかなか 詳細を把握することが困難なのですが、極力追跡調査を実施できるよう最大限の努力をしています。
    また、弊社の製品はいくつかのパーツに分けて出荷するのですが、どれも重要なパーツですので、全てのパーツにショックウォッチを貼付しています。

  • ショックウォッチの効果に満足していますか?

    ショックウォッチの費用対効果や使い勝手の良さ(手軽さ)には非常に満足しています。森松産業さん以外が取り扱っている類似品もありますが、費用面や使いやすさの面を考慮するとショックウォッチがベストだと感じています。

  •  

    case_gmen02_bn

企業プロフィール

企業名:N株式会社

事業内容:
精密機器製造・販売
設立:
本社住所地:
大阪府
工場・営業所・出張所:
資本金:
従業員数: