• HOME
  • 時給が31ヶ月連続でアップ!!【物流品質改善の達人ブログ】
  • 時給が31ヶ月連続でアップ!!【物流品質改善の達人ブログ】

    2014.09.26

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【時給が31ヶ月連続でアップ!!】

     

    ある物流拠点にすぐ近くに、 他社の新しい大型物流施設が完成したそうだ。

    時給は950円!(ウチは850円) なんと従業員の4割そちらに移ってしまった。

    最近こんな話を耳にしました。他人事ではありませんよね。

     

    残った6割の従業員も、保証はないし、

     

    新しく募集するにしても、 他社と同じ時給¥950で募集をすれば、

    今いる6割の従業員の時給も 一緒に上げなければならなりません。

    さてあなたなら、どう対処するべきでしょうか?

     

      リクルートジョブズの最近の調査によると、

    三大都市圏の製造・物流・清掃系の平均時給は948円(前年同月比1.1%増)で、

     

    ドライバー・配送:984円(1.0%増)

    物流作業    :945円(1.3%増)

    フォークリフト等オペレータなどの構内作業:964円(1.7%増)

    前年同月比は、2012年2月から31か月連続してアップが続いている。

     

    物流リーダーが取るべき行動は、

    今いる6割の従業員で現場をやりくりできる新たな仕組みを 構築することです。

     

    もっと効率化できないか?

    もっと簡素化できないか?

    もっと生産性をアップできないか?

     

    レイアウト、システム、モチベーションなどなど 取るべきアクションは無数にあります。

    ピンチをチャンスと捉えて、 前向きに現場を変革できるかどうか、今リーダーの資質が問われる時なのです。

     

    まずは何から取り組むのか?どうすれば良いのか? お困りの方は、ご一報ください。  

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

     

  • 【輸送品質研究会】終了しました!!【物流品質改善の達人ブログ】

    2014.09.19

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【輸送品質研究会 終了しました!!】

     

    【輸送品質研究会】が無事終了致しました! 

    お集まり頂いた約40名のご参加者様、本当にありがとうございました。

    かなり遠方からご参加された方々も多く感謝申し上げます。  

    定員超過につきご参加できなかった方々申し訳ございません。次回是非!!

     

     

     『物流品質を向上させて物流コストを削減したい!』これは全ての企業様の想いです。  

    私たち森松産業はこれらの問題を解決すべく、研究会を立ち上げました!

     

     

     あらゆる業種例えば、

     (荷主メーカー、物流企業、保険会社、梱包会社、包装資材会社、改善コンサルティング企業など)の

     特に品質管理に近い、より意識の高い会員様によって構成される研究会です。

     

     

     毎回テーマを変え、品質改善のプロフェッショナル(本当にスゴイ!)を

     ゲスト講師にお招きし異業種や立場の異なるメンバーの様々なノウハウや視点、  

    成功事例をお互いに共有することによって、

    自社ですぐに取組める即効性のある  解決策を見出してゆきます。

     

     

     当研究会は『本気で物流品質向上に取り組んで行きたい企業様』にお送り致します!

     

     

    今回の研究会テーマは、

    『現場品質の即効改善方法を徹底解説!』 

    ~現場改善のプロが教える“短期間で一気に物流品質を高める方法とは?~

     

     

     【第1講座】は 船井総研ロジ(株)渡辺様より

     テーマは、  SLA(サービスレベルアグリーメント)の活用で物流を変える!》  です。

     

     私も日々お客様と話して感じている事は、  荷主企業がやりたい事、物流企業にできる事  

    互いに求める要求が異なり、ここの温度差が非常に大きいと感じてます。

     

     

     SLAを活用してメリットとリスクを互いに開示し合い、

     明文化したうえで話し合いのテーブルを持つ事が非常に重要です。

     信頼関係を築きパートナーとなる為にはまず第一歩であると再認識できました!

     

     

     超具体的なステップを理解する事が出来てメチャクチャ勉強になりました!!

     

     

     

     【第2講座】は なんとあのセンコーグループの物流改善コンサルチームが独立した

     プロフェッショナル集団のロジソリューション(株)坂 直登(バン ナオト)様よりスペシャル講演です。

     

     

    テーマは、 《物流KPIで実現する現場品質の見える化手法!》   徹底解説頂きました。

     

     

     ひと口に“見える化”といっても一体どこから、何から手を付けてよいのやら・・

     このようにお考えの荷主様おられませんか?

     

     

     物流の“見える化”手段を少しだけあげてみましょう。  

    貨物追跡トラッキング、バーコード、電子タグ、IFRS(国際財務評価基準)他にも  

    SCEM、W/H(作業進捗管理システム)、配車支援システム、GPS、デジタコ、在庫管理

     そして、輸送中の落下・破損事故の見える化『ショックウォッチ』!!

     

     

     他にもコスト(日計管理・ABC)、ワークフロー、最近ではCo2の見える化等・・まだまだ  ありすぎです!

     ここで登場するのが『物流KPI(キーパフォーマンスインジケーター:物流重要業績評価指標)』です。

     

     

     物流KPIは単なる“見える化”するだけでなく、

    他社や自社の理想のベンチマークとの比較、  

    検証ができるすばらしい品質改善の手段なのです。

     

     

       坂様は流通研究者主宰の物流KPI研究会の委員を務め、  

    今では一般的になったこの言葉を日本に一躍広めたスペシャリストです。

     

     

     この講演を無料で直接聞けるなんてすばらしすぎです!!

     

     

     各物流工程の項目から管理手法、パーフェクトオーダー(完全オーダー達成率)まで

      6∑(シックスシグマ)の達成を目指すための方法を徹底解説して頂きました。

     

     

     とても満足度の高い講演内容に感動を覚えました!

     

     

     ご参加者様アンケートからもとてもうれしい声を多数頂き、本当にありがとうございました。

     次回も超スペシャルなゲストをお招きします!  是非、ご期待ください。

    (案内を希望される方は、お気軽にお問合せください)

     

     

     ▼お申込みはこちら

     【輸送品質研究会】: https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

      皆さん!物流品質向上させる同士として、一緒に盛り上がって行きましょう!!
    ↓↓↓実際の研究会の様子です!   

     

    20100216213752_m

     

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

     

  • 競合が今取り組んでいるコストダウン!!【物流品質改善の達人ブログ】

    2014.09.12

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【競合が今取り組んでいるコストダウン!!】

     

     本日は、物流コスト削減の先進取り組み事例をご紹介致します。

    さて、昨今の経済不況の中、最近の荷主様が最も注力されている

    物流コスト削減のポイントをご存じでしょうか? 

     

     

     物流コストは、

    ※『目に見えるコスト』と

    ※『目に見えないコスト』

     

     

    の大きく2つに分かれています。

     

     

     例えば、輸送費や梱包費、保管料などの『見えるコスト』は

    これ以上下げるのは厳しい状況です。

     

     

    それでも尚、これらのコストダウンに注力されている企業様も  

    とても多いのも事実です。  (新規で数社相見積りをしたり、物流価格コンペなど)

     

     

     

    しかし、 これはあまり良い方法とは言えません。

     

     

    現状を変えずにコストだけを叩けば、当然サービスレベルは落ち

    逆にクレームコスト増大!となってしまっては本末転倒です。

     

     

    そこで今まで本気で分析しきれていなかった大きな損失コスト にメスを入れる必要があります。

     

     

    物流環境の無駄はあげればきりがありませんが、

    特に大きいコストとは? それはズバリ、輸送中の破損クレームコストです。 

     

     

     

    輸送している製品が高価であればある程これらのコストが 実は膨大にある事が分かり、

    そのコストをいかに削減できるかが 利益確保の大きな注力ポイントとなるのです。

     

     

     

    これらのコストが『見えないコスト』である理由は、

    結果的に後になってからでないとコストが算出できない事に 起因しています。

     

     

    例えば、破損クレームが起こった際、 製品の代替品を発送するのに、

    最初に送った正規の輸送費が いくらで、

     

     

    代替品を送った輸送費がいくらかかったかを わざわざ仕分けしている

    企業はほとんどありません。

     

     

     

    つまり、先に見積もりがとれないのです。

    代替品の梱包作業費や包装資材費、保険料なども全て同じです。

    (2重にかかっています)

     

     

     

    また、証拠が明確でない破損事故などで“どこで”“誰が”と責任所在 をなすりつけ合うなどの

    無駄な人件費や労力も全て損失コストなのです!

     

     

    このように考えると、見積りコストを数円を叩く事よりも、

    年間トータルでの破損トラブルコストをいかに削減できるかに

    注力する方 が断然重要である事がおわかりでしょう。

     

     

     

    大企業ともなるとそのコストは3億円とも5億円とも言われています。

     

    もしこれらの損失コストが半減したら!

     

    お気づきの通り、そっくりそのまま利益に振り替わります。

     

     

    つまり、目先の見積りのプライスダウンではなく、

    輸送プロセス改善による年間トータルでのクレームコストの削減こそが 利益確保に直結するという事なのです。

     

     

     御社は破損クレームに対してどのように対応していますか?

    また年間でどれくらいのクレームコストがかかっていますか?

     

     

    簡単な経費項目を下記に記してみます。

    ①製品の返品コスト(顧客から自社へ)

    ②代替品の再送コスト(送料)

    ③製品代(廃棄製品)

    ④修理代

    ⑤修理人件費

    ⑥資材コスト(再送荷物の梱包資材)

    ⑦人件費(再送荷造り作業)

    ⑧人件費(クレーム対応:日給×関係者人数×日数)

    ⑨その他管理費用

     

     

    これらのコストを削減する為には, クレーム対策の内容が重要なポイントです。

     本当の対策とは、同じクレームを2度と起こさない長期的な 輸送品質の改善が

    約束されるものではなくてはなりません。

     

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

     

  • 物流コスト削減シリーズ④【物流品質改善の達人ブログ】

    2014.09.05

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

    適正な人員を把握できていない

     

    こんにちは、森松産業の森松です。

    本日は物流コスト削減シリーズということで、 『適正な人員を把握できていない』についてお伝えします。

    物流は流通の重要な分野でありながら、

    組織の中ではお金を生まない部署として認識されている企業が いまだに多いのが現状です。

     

    確かに製造業や販売業といった企業には物流は 企業の基幹組織であるとは言いがたいかもしれません。

    しかし今、物流が業種・業態を超えて注目されているのです

     

    物流の分野に、しっかりとコスト意識とコスト削減の意志を持ち、 取り組むことが必要です。

    特に人件費は物流部門の中で大きなウェイトを占めます。 在庫の適正化に加え、人員が適正か否かは大変重要であります。

     

    日々の作業量を把握し、 日々の人員が適正であるかどうかかどうか、再確認しましょう。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    ***************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

  • 物流コスト削減シリーズ③【物流品質改善の達人ブログ】

    2014.09.04

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

    作業が効率的でない

    こんにちは、森松産業の森松です。

    本日は物流コスト削減シリーズということで、 『作業が効率的でない』についてお伝えします。

     

    作業を「なんとなく」行っているという状況では、作業のムダに気付きません。

    この気付かないムダを発見し、改善することで作業の効率がよくなり、コスト削減に大きな結果をもたらすことができます。

     

    現状の作業の方法やレイアウトを把握しましょう。

     

    物流現場作業を数値で表すことは、なかなか難しいことです。

    工場内や倉庫内のレイアウト、作業工程や作業のタイミングなどを考慮しながら、

    気付かないムダを発見、把握しなければならないからです。

     

     

    面倒でも作業内容をフローチャート(業務の流れ図)にしてみましょう。

    その中で特に、人の判断を伴う作業は極力なくしましょう。 熟練者でなくてもできる作業にするのがベストです。

     

     

    さらに、気付かないムダを発見するためには、 工場や倉庫でのABC分析(活動基準原価分析)もお勧めします。

    本格的にコストダウンに取り組むなら、必ず実施すべきです。 

     

     

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    ***************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

     

  • 物流コスト削減シリーズ②【物流品質改善の達人ブログ】

    2014.09.03

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

    物流コストが削減できない理由②

    こんにちは、森松産業の森松です。

    本日は物流コスト削減シリーズということで、物流コストが削減できない理由②

    についてお伝えします。

    『在庫の把握ができていない』

    在庫の把握は、物流を管理していく上で非常に重要です。

    まず、総在庫の把握、次にアイテム別在庫の把握、それぞれの停滞期間など、

    商品の在庫状況を細かく把握し、管理していくことが、

    在庫圧縮(コスト削減)に必要かつ有効な手掛かりとなります。

     

     

    在庫管理とは入庫と出庫が正しく行われるようにすることです。

    この取り組みが常に正しく、確実であるならば、棚卸の在庫の差異はなくなり、

    棚卸調整という行為も必要なくなるでしょう。

     

    また、在庫の管理が確実であるならば、取引先との情報ネットワーク、

    更にはSCMの構築へと進むことが可能となります。

     

    さらに、在庫の決定責任部署を明確にすることで、

    過剰在庫による物流コストの増加をコントロールすることが出来ます。

     

    物流コストを本気で削減したいという方は、物流コストが削減できない理由①でお伝えした、

    『物流コストの把握ができていない』とあわせて、在庫の把握も進めてみてはいかがでしょうか?

     

     

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    ***************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

  • 物流コスト削減シリーズ①【物流品質改善の達人ブログ】

    2014.09.02

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

    物流コスト削減の大切さ

     こんにちは、森松産業の森松です。

    本日は物流コスト削減シリーズということで、

    物流コスト削減の大切さについてお伝えいたします。

    自社で物流センターをお持ちの会社はいかに物流センターの

    運営コストを削減するか日々頭を悩ませていることでしょう。

    また、物流コスト削減のため、物流を外部に委託しようと考えておられる

    会社もあるのではないでしょうか。

    市場にも数え切れないほどの物流会社が出てきています。

    安価な運送会社から、物流の提案から運営まで全てを一括で請け負う

    3PL会社まで様々な物流企業があります。

    では、一体どのように物流コストを削減したらよいのか。

    どの物流会社が自社にとって一番良いのか。しっかりと考える必要があります。

     

    物流のコストが削減できない理由①

    『『物流コストの把握ができていない』をお伝えいたします。

     

    物流コストが削減できない理由①

     物流のコストが削減できない理由①『物流コストの把握ができていない』

    まずは「物流コストの把握」 から始めます。

    物流コストとは、支払い運賃や支払い保管料だけではありません。

    隠れた物流コストの発掘とそのコストの削減を図りましょう。

    物流コストは意外と多いものです。それを分からなくしている要因として、

    現場の管理部署や管理者はいるが、

    「現場の作業に時間が取られ時間がない」や、

    「計算や測定する方法がわからない」、また、

    「手間がかかるために、調査をやりたがらない」

    ということがあげられます。

    しかし、この物流コストをしっかり把握していれば現場の改善ポイントが明確になり、

    改善目標が立て易く、コスト増加の真因の追究にもつながります。

     

    物流コストを把握していないという方は、しっかりと把握することからはじめてみてください。

     

     **************************************************************************************
    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5   ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    ***************************************************************************************

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策を これからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    ▼品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載

    !品質向上のヒントがここにあります。

    http://www.logi-q.com/seminar/

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」をお伝えします!

    次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。 今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら⇒http://www.logi-q.com/seminar/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼お問合せはこちら。【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    *私たち森松産業株式会社は、 『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を事業理念に

        毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

        毎回テーマを変えながら メンバーと一緒にその方法について一つ一つ学んでゆきます!!

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

  • 輸送品質.COMとは、(その1) ~私たちの事業理念~【物流品質改善の達人ブログ】

    2014.09.01

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号は弊社の事業理念についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

    【輸送品質.COMとは、~私たちの事業理念~】

     

    私たちの事業への想い

    世界に誇れる輸送品質を創る!

    ~品質力とは“企業価値”そのものである~

    new_boxes_HR

     

     

    私たちの仕事の品質は自身が作り出した環境によって作られています。

    美しく機能的な環境は美しく機能的な仕事を生み出します。

     


    "品質力がある"という事は、『価値がある』という事です。

     御社の製品が世の中に送り出され、その製品を求める人や企業へ届くまでの安心・安全・信頼があるという事は、

    御社は間違いなく"価値のある"企業であり、御社の存在は『価値』そのものなのです。

     

    人は価値を認めたものにより高い投資をしたいという潜在的なニーズを持っています。

    “御社が選ばれる”ということは、顧客はその品質に一定の価値を見出したことになります。

     

    私たちは企業の品質力向上のために、より高い付加価値を創造するための製品・サービスを提供し

    それを活用する企業や現場で働く人々の自信とやりがいと誇りを生みだす活動を通じて

    長期的な“企業価値”を創造し、社会に貢献することで関わる全ての人々の幸せを実現していくことを使命としています。


     

    より大きな価値は、より多くの顧客に支持されることでより大きな影響力を持つことになります。

    もちろんあなた個人の仕事の品質にも必ず影響を与えるはずです。

    例えば、顧客からの信頼の獲得、仕事へのやりがい、成長への自信、現場への誇りなど等。

     

    品質が高いという事は、“価値を生み出す能力”が高いということです。

    品質力とは、“他者をより良い方向へ導く”能力のことであると私たちは定義しています。

     

    高い品質力の提供による“他者への貢献”はそこで働く人々に充実感と幸福感をもたらし、

    それが経済的な好循環を生み出し、そこで得られた恩恵は自社または自己投資の重要な資源となりえると考えています。

     

    高い品質力を求め続けることは、『より自分らしく生きる』という充実感と幸福を求め続けることでもあると

    私たちは考えています。それが私たちの生きる使命なのではないでしょうか。

     

    今こそ品質力に磨きをかけよう。誇り高い現場を創ろう。

    “価値のある企業”は、品質力の高い現場の一人一人によって創られているのですから。

     

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    ***************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!