• HOME
  • “5S活動”は『流れ』を意識せよ!!【物流品質改善の達人ブログ】
  • “5S活動”は『流れ』を意識せよ!!【物流品質改善の達人ブログ】

    2016.01.29

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【“5S活動”は『流れ』を意識せよ!!】

     現場品質力UPの条件に必ず出てくるのが『5S』です。

     

    5Sとは、

     

    ①整理・②整頓

    ③清掃・④清潔

    ⑤躾(しつけ)です。

     

    この中で⑤『躾』だけ、
    ちょっとカテゴリーが違うような気がしませんか?

     

    5Sの達成には、実は 『流れ』 を意識することが近道です。

     

    ①②を2S:整理、整頓。

     

     

    これは、すべての活動の基本です。
    つまり、2Sがしっかりできていることで、

     

    ③④の2S:清掃、清潔。

     

    が保たれるのです。
    こうして 『管理の行き届いている』 印象がつくられます。

     

    2S(整理・整頓)+2S(清掃・清潔)=4S

     

    そして、4Sがしっかり運用され、
    『管理の行き届いている』現場の事を

     

    ⑤『躾(しつけ)』 ができている状態。といえるのではないでしょうか?

     

    これが 『流れ』 です。

    実行のポイントは、

    ①まず現場リーダーであるあなたが、4Sの“意味と重要性”を

     しっかり理解し実行している。ということです。

     

    従業員にとって、5S活動が、
    『掃除でいったい何が変わるのか?』

     

    『単に綺麗にすると気持ち良いだけ?』

     

    などと言われていませんか?

     

    本来の重要性と『流れ』を理解していなければ
    “躾” が行き届くはずがありません。

    ②躾ができている現場 = “業務のルール”が守られている現場

    となります。

     

    最初はしっかりと理解を深め、そのあとは、

    考えるより先に“自然と体が動く”状態になります。

     

    たとえば、ゴミが落ちていれば、自分の落としたものでなくても

    何の躊躇もなく『拾ってゴミ箱に捨てる』という行動が身に付いている。

     

    というわけです。

     

    【実践!】

    『躾』が先ではありません。
    流れを意識すれば自然と『躾』が行き届いている状態になります。

     

    まずは、2S(整理、整頓)の理解と実行です!!

     

    《2S+2S+1S=現場品質力UP!!》

     

    となります。
    ぜひ第一歩から取り組んでみてください! 

     

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

     

  • 実現できる『品質方針』を決める方法?!【物流品質改善の達人ブログ】

    2016.01.22

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【実現できる『品質方針』を決める方法?!】

    1月もあっという間です。

    すでに来期の計画を立てたり、昨年の振り返りをしている

    あなたにぴったりなテーマでお届けします。

     

     

    あなたは、 年間の『事業計画や見直し』を行う際に、
    果たしてしっかりとした 実現できる『品質方針』
    お持ちだろうか?

     

    今回は、 『品質方針』 の定義についてもう一度考え
    しっかり構築するための方法についてお届けします!

     

    そもそも方針とは?!、、

     

    トップによって組織の中で表明された組織の

     

    1.使命
    2.理念
    3.ビジョン
    4.バリュー
    5.守るべき約束
     等など、

     

    または、

    中長期計画の達成のための

     

    1.方向性の明文化
    2.組織全体の意図

     

     

    などがあげられる事が多いのではないでしょうか?

     

    具体的な中身は、下記の3つの要素が
    盛り込まれていること重要です。

     

    *品質重点課題!  :重点的に取り組み必ず達成すべき事項。
    *品質目標!     :達成すべき目標(数字、現象)
    *品質方策!     :目標を達成するための手段(どのようにして)

     

    本当に実現できる“良い『品質方針』を”決定するためには、
    上記の 3つの要素 を各チーム内で明示することである。

    これらの方針はトップやリーダーが決定し、明文化する。

     

    そして上流から下位へスピーディーに 一気に展開する ことが成功のカギである。

    つまり、すぐに “アクションに落とし込む” ことである。

     

    逆に 『課題』や『問題』は、ボトムアップ
    “現場”から一気に吸い上げ(この環境を作ることが重要)方針に反映
    することで、より現場に即した『品質方針』に展開していく事が可能です。

     

    立てた方針をしっかり実現するには、

    “トップダウン”の『明確さ』
    “ボトムアップ”の『反映スピード』

    重要なキーとなります。 

     

    ぜひ実行してみてください!!

    うまくいった成功事例などぜひとも教えてくださいね。

     

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

  • あなたは『品質』を上げる覚悟がありますか?【物流品質改善の達人ブログ】

    2016.01.15

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

     

    *****************************************************************************************

     
    2016年も本格スタートです。

    今年もさらに『世界に誇れる輸送品質を創る!!』を実現に貢献していきたいと思います。

     

     

     
    これまでたくさん『品質』について語ってきましたが

    そもそも、この『品質』とは何なのか?!

    繰り返し申し上げてきましたが、

    大切な概念なのでいま一度ふりかえりましょう。

    ・-・-・-・-・-・ -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    【品質とは何なのか!】

    現代の賢い顧客は、あふれる情報、たくさんの企業の中から、

    “なぜ” あなたの会社の商品やサービスを選んだのだろうか?!

    顧客が物やサービスにお金を払うとき、 

    顧客はあなたの会社の物やサービスに 一定の『品質』を認めた
    からに他ならない。
    (つまりお金を払う価値を認めたわけです)

    たとえば、原価が同じものを販売したとしても

    一般店と高級店ではその価格は大きく異なります。

    (たとえば同じ革の材料を使っていたとしても、
      ノーブランドのバッグとルイビトンではその価格は大きく異なります)

     

    顧客はその物やサービスの、
    応対レベルやサービスの内容、雰囲気、ブランドイメージなど

     

    “いかに自分のニーズや感情をより満たしてくれるか?”

     

    に対してより多くのお金を支払っているのです。

    『品質』とは、
    原材料の良し悪しを示すものだけではなく
    顧客があなたの会社の物やサービスに対して見出した
    一定の“価値”なのです。 

     

     

    つまり
    『品質』を決めるのは、あなたではなく顧客である。
    ということです。

     

    だからあなたの 会社の売上 (顧客が支払うお金)は、
    そのままあなたの 会社の『品質』に比例 しているといえるのです。

     大切なのでもう一度言います。

     自社の『品質』の良し悪しを決定しているのは、 
    あなたの会社ではなく、 お金を払う顧客である。

     

    忘れてはいけないことは、 
     
    顧客は、
    『ニーズにこたえてくれる“最高の品質”に 
              気持ちよくお金を支払いたい』  

     という欲求を持っているのです。

     

    そして、
    より高い『品質レベル』を目指し、顧客が感じるあなたの会社の
     物やサービスの価値をあなたはいくらでも高める事ができるのです。

     

     

     本物だけが生き残れるこの時代に、 
     
    『品質向上』を目指さない企業は必ず淘汰されていくでしょう。

     

     

    あなたは『品質』を上げる覚悟がありますか? 

     

     

     

     

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

  • 『品質元年!ニッポン品質の創り方!!』【物流品質改善の達人ブログ】

    2016.01.08

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【品質元年!ニッポン品質の創り方!!】 

    年始めと言う事で、 まず初めにリーダーが取り組むべき基本的な
    『2016年の目標設定』 について

     

     

    基本的ですがとても重要なので、そのポイントを提言致します。
    是非ご参考までにご覧ください。

     

     

    【ステップ1】 *まずは昨年の行動を振り返る。
    昨年12か月で実行した行動の中で、上手くいっている2割は 今年もそのまま実行し、

    上手くいかなかった8割はやり方を変えるか 外注化するか。止めるか。選択していきます。

     

    全体の2割が成果の8割を出していると言う事が再確認出来るはずです。

     

     

    【ステップ2】 *あるべき姿、ミッション、行動指針を明確にする。
    チームや組織がどこに向かうのかを決める。

    これは課題や問題が 発生した際の最も重要な羅針盤となります。

     

    それが、あるべき姿、ミッションであり、行動指針です。
    既にある場合もありますが、これまでで獲得した資産や、

    人材も日々変わっていますので、同じ内容だとしても

    毎回新たに作り直した方が良いでしょう。

    (きっと新たな気づきがあるはずです!)

     

     

    【ステップ3】 *最終目標から逆算して計画を立てる
    最初の段階で前年と比べて〇〇%アップの様にしてはいけません。
    ゼロベースで最終目標を明らかにすることがポイントです。

     

     

    そこから逆算してどんな項目をやらなければいけないのか 思いつく限り、

    一度すべてを紙にはきだして下さい。

     

    一度にすべてを書き出して、はき出すことで、なんとなく気になっている事や

    覚えておかなければならない事のストレスから解放されて

    スッキリとした状態で次のステップに進むことが出来るからです。

     

     

    こうすると、まったくやったことのないチャレンジが含まれることも

    多くなると思いますが大丈夫です!!。次に進みましょう。

     

     

    【ステップ4】 *最終目標を達成するためのアクションプランを探す。
    最終目標に繋がる行動が分かっていれば当然ながらやれば 達成できるはずです。
    ここでも思いつく限りの行動をすべて出していきます。

     

     

    もし行動が分からなければ、 『分かる人に聞きに行く』『調べる』

    というのも行動計画に入ります。

     

    具体的な行動に踏み切れない要素がある場合や いつ達成できたのか

    確認できない物は、いわゆる “ファンタジー”の世界です。割り切って切り捨てましょう。

    (例えば『全人類を幸福にする』など測定不可能な夢の世界。。)

     

     

    つまりアクションプランを決めるだけでなく

    計画の実現可能性を測定する、という重要な意味合いも含みます。

     

     

    【ステップ5】 *重点項目を決める

    多くの人は“先に”優先順位を意識して行動計画を立ててしまいがちです。

     

    すると、(計画には書かないけど)もっと細かいことや、

    覚えておかないといけないことや、気になっていることが邪魔をして

    良いプランが作れません。

     

    限られた時間と予算の中で、 どれをやると、より効果的に成果が出るのか?

    どれを捨てるのか? ここで初めて優先順位を決めていきます。

     

     

    優先順位をつける際のポイントは、

    ①コストがどれくらいかかるのか?

    ②どれだけインパクト(影響力)があるのか?

    ③どれだけのスピードで達成できるのか?

     

    この3つの比較表を作り、最もポイントの高いものから 優先順位を高くすると良いでしょう。

     

     

    【ステップ6】 *実行計画を作る。

    いよいよ最後のステップです。

    重点項目を毎日の時間軸上へ配置していきます。

     

    さらにタスクレベルまで細分化していく必要も出てくるでしょう。

    『いつまでに何をやるのか?』 を具体的に決めていきます。

     

    このときのポイントは、
    ①毎日実行する習慣的アクションプランと、

      (例;記録を毎日更新する、特定のターゲットにTELするなど)

     

    スポット的に達成するアクションプラン

      (例;期間限定のプロジェクトなど)

     

    に分けると整理しやすいでしょう。
    ポイントは、以上の6ステップです。

     

    ここまでくれば、後は毎日実行していくだけです。

     

    さらに、毎日どこまでやれば、

    今日のアクションが完了なのかを 目で確認できるようになれば完璧です。

     

    これを、『品質管理のデイリーゴール』と呼んでいます。

     

    突発的な問題等の処理で『デイリーゴール』が達成できない日が

    続く ようであれば、一年後の達成は当然難しいでしょう。

     

    デイリーゴールの進捗が、

    そのまま最終目標の達成度と比例するため 進捗の確認を

    毎日行えるようになるのもメリットです。

     

    2016年は『品質元年!ニッポン品質!!』を掲げ、

    日々計測し、日々確認し、日々振り返ることを習慣化する事が

    最も重要なリーダーの仕事なのかもしれません。

     

     

     わたしが考える『目標設定』と『行動計画』を明文化する最も重要な意味とは、

    メンバーの行動を束縛するためのものや、ノルマや強制力を押し付けるものではなく

     

    自分自身を日々鼓舞し、

    ゴールへ導いてくれるための『羅針盤』を手に入れるためである。

     

     

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

  • 『品質元年!ニッポン品質!!』【物流品質改善の達人ブログ】

    2016.01.01

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【品質元年!ニッポン品質!!】

    新年明けましておめでとうござます。

    本年も宜しくお願い申し上げます。

     

     

    年明けから、ショックウォッチ社の本拠地
    テキサス州のダラスに訪問しておりました。

     

    目的は、セールスミーティングと生産工場の視察です。

    海外の様々な担当者と意見交換の中で、強く感じた事は
    いまや世界的なポジションを確立していたと思われる

     

    『ニッポン品質』が“危ない”と言う事です。

     

    かつては品質にとことんこだわってきたメイドインジャパンですが
    コスト削減や管理方法の形骸化から、その力が疑われ始めています。

     

    実際には、品質の高いニッポンだからこそ、
    品質が高くて当然、という見られ方もあり、

     

    ひとたび大クレームを起こせば、ニッポン企業の信頼は
    一気にイメージが吹き飛んでしまう側面もあるようです。

     

    2016年以降は、こうした状況から、いかに品質力を高めることに
    注力し、企業価値を上げ、顧客に選ばれるか、が勝ち組みの条件と
    なることは間違いないでしょう。

     

    実際に高い『品質力と仕組化』、『安全輸送の平準化』ができる企業こそが
    コスト削減のけん引モデルなることも間違いないでしょう。

     

    これまでのやり方や取組みを否定するわけではありませんが、
    日本国内のやり方に執着するのではなく、

     

    大きな“世界的な視野”の中で、
    自社の戦略的な品質モデルを経営の中核に
    位置付ける必要があります。

     

    弊社も、
    このような企業環境の中で、広い視野をもつべく
    『新たなニッポン品質』『世界に誇れる輸送品質を創る!』の構築を目指して、

     

    現状分析、課題抽出、そして提言を行っていきます。

    また、

    品質管理、リスクマネージメント、のあり方や実例を掘り下げ
    御社の企業価値の向上に役立つコンテンツを配信していきます。

     

     

     

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!