• HOME
  • 物流会社に伝えるべき『メッセージ』!!【物流品質改善の達人ブログ】
  • 物流会社に伝えるべき『メッセージ』!!【物流品質改善の達人ブログ】

    2017.01.30

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【物流会社へ伝えるべきメッセージ!!】

    大手精密機器メーカーの数千万、数億円の装置を輸送している
    物流企業のドライバーさんにこんなことを聞いてみました。


    Q:『何を運んでいるのか知ってますか?』

    答えは、なんと、

    A:『詳しくは知りません・・・』との事。

    中身は、1台、数千万の精密機器が入っていることを伝えると

    『え~ッ!そうなんですか!気をつけます!』と言われました。


    これでは輸送中の破損事故が減らないのも納得できます。


    確かに頑丈な木枠梱包では、見た目は殺風景ですし、
    中身を確認することもできません。


    荷物(製品)が中継されるターミナルや、
    荷主からより離れたセンターで事故が多発するのも
    このことが原因でしょう。


    では、どのように対策すれば良いのか?!


    【対策のポイント】

    《外装上(見た目で)注意が必要であると分かるようにする》

    *超精密機器で大切に扱うべき事を
     誰が見ても分かるようにしなければなりません。

    ⇒“ ショックウォッチ ”などの『警告用インジケーター』を使うと
     海外でも注意・警告のメッセージを伝える事が出来ます。


    《さらに、注意・警告の効果を上げるには、、、》

    ショックウォッチ を知らないドライバーや海外現地の荷扱者が
     いるかもしれません。

     そんな時は、 ショックウォッチ の横に
    『警告メッセージ』 を一緒に貼っておくと効果が倍増します。


     警告メッセージの内容は、

    『衝撃を与えると中身が全損する可能性があります』

    『衝撃モニタリング中』

    『衝撃センサー付き』

    『ショックウォッチが赤く反応していた場合は、
      その場で下記まで連絡をしてください。
      〇〇㈱ 品証部 ※※ :03-1234-5678 』


    『お客様へ
      荷物を受け取る際は、必ずショックウォッチの赤変の有無を
      確認してください。
      赤変している場合は、こちらまで一報ください。
      〇〇㈱ 品証部 ※※ :03-1234-5678 』


      このようなメッセージをショックウォッチと一緒に貼りつけて
      置くことで、荷扱者は『注意・警告』をせざるをえないでしょう。


      海外へ輸出する場合でも、同様に 現地の言葉を併記 することで
      メーカーとしてのメッセージが海を越えて伝わります。

    【警告メッセージ運用のポイント】

    ①誰が見ても分かりやすく目立つこと。
    ②確認や連絡など対処方法が簡単なこと。
    ③継続して効果を確認・実感すること(事故の発生や赤変の記録を取っておく)

     ほとんどコストをかけずに効果は期待できるでしょう。
     ぜひ運用してみてください。


     ※警告メッセージの作成なら実例がございますので
      お気軽にご連絡ください。 サンプルを差し上げます。


    PS:
    会社の前の湯島天神でNHKのロケ隊に遭遇しました!
    なんと撮影カメラにはショックウォッチ(ミニクリップ)が付いていました。
    http://www.logi-q.com/%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%97/

    3年くらい貼りっぱなしとのことです。
    ショックウォッチは反応しなければ貼り替える必要がありません。

    取扱者に注意喚起ができて貼り替える必要がない
    ということは破損リスク回避の費用対効果は大きいですね!!

    実際に活用頂いている方に出会えてとてもうれしいです。 

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

  • 来期を見据えた中長期計画の作り方!【物流品質改善の達人ブログ】

    2017.01.23

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

     



    毎号皆様にショックウォッチ有効活用法や品質向上の最新情報
    現場改善の導入事例などお役に立つ情報を発信しています!!

    もうすぐすると3月ですね。

    決算を迎える企業も多くなります。
    自社の顧客も同様、この時期に大きな投資を決定する企業も多くあります。

    そこで、来期を見据えた中・長期計画をそろそろ本格的に
    具体的・明確にしなければいけません。


    リーダーは“現場の改善”だけに注力するのではなく、
    少なくとも5年先を見据えた自社の『求めるべき姿』を
    意識しなければなりません。


    その一つ先の大きな視点が結果的に、時間効率、コスト効率を
    良くしていきムダを省く近道となります。


    大きくは、

    ①【物流のモノの流れ】
    ⇒サプライチェーンマネジメントやセンターの統廃合など
     様々な所でたくさんの情報が出回っていますが、改めて
     自社にとって最適でスムーズな物流体制がとれているか確認します。


    ②設備、配置、スペース
    ⇒新年度にはあたらな設備や配置変えなど行われることも多いですが、
     近い将来の増設や、増員の可能性も考慮して初めから十分に余裕を
     とるようにしましょう。
     現状でジャストとなりますと、後でさらに根本的な改善が必要となり
     膨大な費用をかけることにもなりかねません。


    ③【人材の計画】
    ⇒先ほど同様に、新設備や、新サービスの開始に伴い、新たな人員が増える事
     も十分に考慮しなければなりません。
     人材投入の時期や、教育または新リーダーの研修など、スムーズな体制づくり
     をしておく事で、よりスピーディーな生産体制をつくる事が出来ます。


    ※最初は、小さなPDCAのサイクルも長期計画を見据えたPDCAに置き換える事
     により、 リーダーはより明確な方向性を“現場”に示す事になります!!




    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

  • 『良好な関係』を保っていますか?【物流品質改善の達人ブログ】

    2017.01.16

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。



    毎号皆様にショックウォッチ有効活用法や品質向上の最新情報
    現場改善の導入事例などお役に立つ情報を発信しています!!

     


    私は毎日、たくさんのお客様にお会いしております。
    先方は、物流管理者様や工場長様、物流センター長や品質保証部の方、
    または、営業マンの方々と実に多彩です。


    そこで気づいた事があるのでシェアしたいと思います。


    1つの問題やクレームなどがあった場合、
    それぞれの立場や各部署によって、受け取り方や発言が全然違う!
    という事です。


    (そりゃぁ当たり前のことではありますが・・)


    誰のせいか!というなすりつけ合いも多々ありますが、

     


    製造現場では、
    『営業が勝手に仕事を入れてくる!』


    営業では、
    『生産管理部が計画を勝手にずらした!』


    品証では、
    『輸送中の荷扱いが悪い!』


    物流現場では、
    『納期や品質要求がタイト過ぎる!』


    などなど、

     

     


    特に私などは、お客様の窓口として
    どうしてもお客様の側で最もベストな対処を迅速に
    行う事を考えてしまいますが・・・!!(一番大事でしょ!!)

    しかし、社内で1度もお客様とあった事がない内勤者や
    工場、物流センターでは社内の誰の責任か?が気になるようです。

     



    そこでとても大切な事は、

    お客様との、社内各部署との、、

    “関係は良好ですか??”


    ということです。

     

     


    内勤者も、生産工場も、物流現場もみな取引先、お客様、関連会社など
    製品やサービスを購入してくれるお客様によって支えられています。


    毎日、仕事があって、モノづくりがあって、サービスを提供できるのも

     



    こうした多くの方々のおかげである事を決して忘れる事なく、
    良好な関係を保っていきたいものです。



    『ありがとう!!』

     


    他者への感謝気持ちは問題解決を早める近道でもあります。


    そのためには、日頃から積極的なコミュニケーションをとる機会を
    設けるなど、定期的な場をつくることも大事です。

    特に暗黙の了解的な無言のルールはもめごとの原因にもなりかねません。

    こうしたことこそ積極的に関連部署に伝えていきたいものです。

     

     



    また、営業サイドもお客さまからの細かい要求や、梱包仕様など
    ちょっとしたコミュニケーションの中で改善できる事が多くあります。

    知らずにやらなくてよい無駄な作業を何年もやっていた・・なんて事も
    よくあります。

     

     


    トップに立つべき現場のリーダー 達は、

    自分たちが社会の中にどのような 価値 を生み出し、

    そして日々活動しているのか?、 どう役立っているのか? という大きな視点に立ち、

    そうした社会の一員として、見えないユーザーやお客様をはじめ、

    各関連企業やパートナー企業、関連部署の人々と、


    “良好な関係”


    を意識して保つ事が、長期的な品質向上の条件だと思います!




    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

  • 新年の目標を必ず達成する方法!【物流品質改善の達人ブログ】

    2017.01.10

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。



    毎号皆様にショックウォッチ有効活用法や品質向上の最新情報
    現場改善の導入事例などお役に立つ情報を発信しています!!


    新年最初のブログです!
    本年もお役に立つ情報をどんどん発信してまいります!
    どうぞよろしくお願い致します。

     


    弊社森松産業は昨年からデザイン会社に事務所を大幅リフォームして頂き
    見違えるほどきれいなりました。ありがとうございます。

    新しい環境は大変気持のよいものですね!
    (注文したデスクがいまだに来ていません!!)



    皆様の会社でも年末の大掃除を終えて、いらなくなった書類等を
    廃棄して改めて整理整頓した方も多いと思います。



    新年を迎えて、チームで新たな 達成目標 や改善案件、などを
    掲げるなどするのですが、いつの間にか日々の業務に追われ
    忘れられてしまう。なんてことはありませんか?!
    (個人的なものも含めて)


    毎年目標を 達成できない原因 は、

    *目標が大きすぎる。
    *目標が漠然としている。
    *何をもって達成かわからない。
    *今年の年末にならないと確認できない(長期間かかる)
    *なんとなく理想を掲げてしまう。

    などなどあるのではないでしょうか?

     



    *明確なゴール(目標達成)への最短の近道とは?!

    ⇒やりたいこと、やらなければならないことなど
    思いつく限り 挙げその中で絞り込む。
     (私はこれをリスト化し日々追記し続けています)

    ⇒まずゴール(目標達成)を 明確に決める

    ⇒ゴールに至るプロセスを 細分化 する。

    ⇒本当にゴールに至るプロセスなのかどうか 検証する
    (日々の多くの時間がゴール達成に結び付かないことに
     費やされていないかも合わせて見直す)

    ⇒プロセスを 毎日の行動 に置き換える。
    (毎日何をすれば達成に近付いているのか?)

    ⇒上記をデイリーゴールとして 毎日達成する!

    *毎日の行動が着実にゴールへのプロセスであるならば、
     自動的に目標は達成されていることでしょう。


    習慣 にしてしまうことが、ゴール(目標達成)への
    最短の近道 ということだと思います。

     


    目標を決めたら毎日の行動へ・・
    私もぜひ実践します。
    (個人的には健康のための習慣を達成します)




    【お知らせ】
    現場のリーダー必見!!
    現場品質向上、改善ノウハウやアイデアを外部のゲスト講師をお招きして
    毎回テーマを変えながら、その方法を惜しみなく公開して行きます!!


    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!