• HOME
  • 『対策』しても“減らない”理由!!【物流品質改善の達人ブログ】
  • 『対策』しても“減らない”理由!!【物流品質改善の達人ブログ】

    2017.06.26

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【『対策』しても“減らない”理由!!】

    輸送中の破損事故が無くならない!
    何度も同じ破損トラブルを繰り返している!!

    そのたびに掛る労力やコストが日常化している!
    クレーム処理ばかりしている!!


    こんなこと多くありませんか?


    こうした問題を改善するためには、
    『根本的な原因』 を取り除く必要があります。

    では、
    いったい『根本原因』は何のでしょうか?


    『根本原因』とは、

    “望ましくない事象の原因を生みだしているマネジメントシステムの悪さ”

    と定義します。

    つまり、

    *やり方や手順・方法をそもそも決めていない。
    *または、決めた通りにやっていない。
    *改善していない。


    が挙げられます。


    トラブルの要因が追究出来れば、『根本原因』が分かり、
    ピンポイントでの改善・対策が可能でしょう。


    この時取り掛かるのが、 『再発防止』 という概念です。


    『再発防止』とは
    “同じ”場所 (製品・サービス、プロセス、システムなど)で
    同一原因 によって再び発生させないようにする事です。



    多くの企業は、この『再発防止』に労力を注いでいます。
    しかし、 破損トラブルは減少しません。


    ここに 落とし穴 があります。


    輸送中においては、

    “同じ状況”

    というものが再現されにくいのです。


    つまり毎回、
    向け先、梱包、中身、輸送業者、輸送プロセスなどが
    変わり、その時起こった『根本原因』が分かったとしても

    また別の状況では別の要因が絡んできてしまいます。


    そこで重要な発想の転換が必要です。

    その重要な概念が

    『未然防止』 です。


    『未然防止』とは、 “違う”場所で 、同一及び類似原因によって再び
    発生させないようにするのが未然防止である。


    再発防止と未然防止の使い分けを厳密に定義解説する事は難しいが

    少し解説すると、
    当該の製品で発生した不具合について、

    まだ起こっていないが、
    起こる可能性があるトラブルを未然に防止するために
    対策をとる活動は “再発防止” であるが、

    将来に発生の可能性のある状況に対して対策をとる活動は
    “未然防止” といえるでしょう。


    輸送品質において、とても重要な考え方は、

    この、

    『未然防止』 にどれだけ知恵を絞るのか?

    『未然防止』 にどれだけコストをかけるのか?

    『未然防止』 にどれだけ時間をかけるのか?

    がカギである。


    しかし、
    『最小限の時間とコストで最大限の効果を出したい!』
    というのが本音でしょう。


    大切な製品の輸送において、

    『ショックウォッチ』 もっとも荷主企業から指示されている
    理由がココにあります。


    ▼最小限の時間とコストで“破損トラブル”の『未然防止』
     を実現できる 【ショックウォッチ】 の無料サンプルはこちらからどうぞ
    ⇒https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do



    後半の計画を立てるには絶好のタイミングです。

     

     

     

     

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

  • 囲碁合宿に学ぶ品質改善!!【物流品質改善の達人ブログ】

    2017.06.19

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【囲碁合宿ナウ!!】

    取引先様主宰の囲碁合宿に行ってきました!(In箱根)

    囲碁と言えば、

    一目置く、先手を打つ、岡目八目、上手、下手、結局、駄目、駄目押し
    八百長、布石を打つ、定石、捨石、死活問題、大局観などなど

    すべて囲碁用語に由来しています。

    戦略や戦術に関する言葉も多く、いかに囲碁が“勝負の世界”で
    長い歴史のなかで魅了されてきたかが分かります。


    今回の成績は、1勝4敗で惨敗でした。(悲。。)

    最後の対局が唯一の1勝!

    どうして勝てたのか?!

    実はこの直前に、
    プロの先生に あるアドバイス を頂いた事がきっかけでした。

    それは、

    “大局観” “細かな箇所での打ち合い”
      2つの視点を同時に持ちながら打ちなさい!』

    というアドバイスでした。


    それまでは、相手が石を打つたびに、いちいちそれに反応して
    対抗しようとしていたのです。


    つまり、自分のやりたい方向に進めるのではなく、
    相手に一手遅れてついていく。。といった感じです。。


    これでは勝てるはずがありません。

    まずは、大局観で、自分が思い描いた『構想』を
    相手に振り回されることなく、推し進めなさい!


    そして、途中で打ち合いになったら、
    縦、横につなげてくる相手の石を自分の石でいかに分断していくか、
    (相手に陣地を作らせない)


    これの繰り返しです。


    こまかな“戦術”を言い出したらきりがありませんが、
    このアドバイスで、一気に楽に対局を進める事が出来ました。


    『現場品質の改善』 についても同じだな、、、

    と思いました。


    まずは

    自社が目指すべき 『あるべき姿』 に向かって邁進しましょう。

    現場のトラブルに毎日振り回されていてはいけません。
    他社に動きにいちいち惑わされてはいけません。


    そして、問題にぶつかったら、


    一気に断ち切る(問題・課題を引きずらない)

    これの繰り返しです。

     

    長期的に見て同じ問題が繰り返されないような

    体質に変えていくための行動をしていくべきです。




    来年度の計画を練るには絶好のタイミングです。 

     

     

     

     

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

  • 高品質物流企業が取り組むべき事!!【物流品質改善の達人ブログ】

    2017.06.12

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【高品質物流企業が取り組むべき事!!】

    船井総研 上席コンサルタント橋本直行様主催の
    物流企業経営研究会FLS例会に参加させて頂きました。

    ゲスト講師様は
    愛知県を本拠地に置く3PL企業、名正運輸株式会社様
    運輸事業者として初のISO39001認証登録となった素晴らしい企業様です。

    今回は、同社のISO管理責任者山口嘉公部長様から
    規格取得に至る取組みと今後の展開などを直接お話を伺える
    大変貴重な機会を頂きました。

    大変素晴らしい講演内容に多くの学びを頂きましたので
    自分なりの所感を含め議事に記すことにしました。

    講演テーマは
    『ISO39001取得によるCSR向上について』

    ISO39001とは、交通事故の削減を狙いとした国際規格で
    平成24年10月1日“ISO39001”道路交通安全マネジメントシステム
    として発行されました。

    交通事故での死亡者は世界で毎年130万人、
    負傷者は5000万人と言われています。

    日本国内では、4411人が亡くなっています。(平成24年)

    これは交通事故の削減に向けた国際規格で、
    交通安全に関連する全ての組織が活用できます。

    ISO国際標準化機構では、
    世界で10万件の認証取得を目指しているとの事。

    交通事故の原因は、飲酒運転、脇見、スピード違反、無免許、整備不良など
    防ぐことができた又は緩和できた交通事故が大半です。

    つまり交通事故は減らせる。ということなのです。

    ISO39001取得することで交通安全にかかわる
    マネジメントの仕組みをつくり、
    交通事故の損失を継続的に削減していくことが可能となります。

    その大きなメリットは、、

    ■交通事故減少に伴い関連コストの削減ができる。
    ■信頼性が高まりビジネス機会を得ることができる。
    ■公的認証で信頼を獲得しブランド価値、企業イメージの向上が図られる。
    ■従業員満足の向上が図られる。(優れた人材の確保にもつながる)

    と物流企業にとってはメリットだらけです。

    時流として『物流高品質』を求める荷主のニーズは高まっており、
    物流事業者にとって安全対策は品質の根幹であると私は考えています。

    では、なぜ同社が業界初の認証登録企業となったのでしょうか?

    私の勝手な考えで恐縮ですが

    それは、

    同社の経営理念を知れば明らかです。

    【安全で最高の品質で最高の価値を創り出す】

    これが名正運輸様の経営理念です。

    こうした同社の“経営理念実現”への強い想いや使命感が
    あったからではないでしょうか。

    これには大変感銘を受けました。

    全社員を巻き込んでのプロジェクトは大変なご苦労があったと察しますが、
    素晴らしい成果と取り組みを通じて社内が高品質企業として一体化していくさまは
    すでに他社の追随を許さないでしょう。

    現場で汗を流した試行錯誤の道のりが、
    そのまま改善、改革、自信、価値創造、高品質ブランディングへの
    道のりそのものなのだと痛感しました。

    具体的な取り組みは、設備面と教育運用面の両方から。

    《装置や機器での安全対策》
    厳格なアルコールチェック
    デジタルタコグラフによる運行数値の記録
    ドライブレコーダーによる運転状況の記録
    バックモニター取り付け他

    《教育運用管理での安全対策》
    運行速度(社速)の完全徹底
    AEDの設置
    迅速な事故対応(緊急メール配信)
    ペナルティを課さない事故報告を導入し全てのリスクの洗い出し
    抜き打ちの安全チェック(安全の日)
    添乗による指導
    トラックを追走しての状況確認
    選考レベル平準化し適性を見極める面接調書
    全社共通の座学資料の作成
    ドライバーズミーティングの実施
    集合研修の実施

    などなど。。

    顧客に対する『外向き視点』と
    社内に対する『内向き視点』の両方の視点を持って

    全員参加の大きなプロジェクトを実行していくことで
    経営陣と現場の意向や考え、体験を一致させ組織としての
    一体化を実現しています。

    また、一定の管理基準の標準化を目指して
    文書や報告書の共有化を図り、個人の力量に左右されることなく

    全員が同じ意識で取り組めるように仕組み化されている点も
    素晴らしいです。

    ISO39001は国際規格です。
    今後はこうした規格の認証取得により今まで内部的に行ってきた

    安全・高品質への取り組みを、
    全面的に外に向かって強力に発信できるようになった。ということです。

    これにより、同社の活動は社会的責任の中で公共的な使命を果たし
    信頼性を強くアピールしていくことで独自の価値を創造し、

    強烈な“高品質ブランド”を構築しているのだと強く感じました。

    こうした取り組みから生み出される自信に満ちたサービスの提供は
    お客様から選ばれる専門性、信頼性の高い物流企業として認知され
    営業力の促進にも大きく貢献しているのでしょう。

    私ども森松産業は輸送品質改善ツールを提供する専門企業です。

    弊社が考える、“品質力がある”という事は
    つまり『価値がある』ということです。

    製品が世に送り出され、その製品を求める人や企業へ届くまでの
    安心、安全、信頼があるということは、

    その企業は間違いなく“価値のある”企業であり、

    その存在は『価値』そのものなのです。

    弊社森松産業では、

    『衝撃』、『振動』、『温度』、『湿度』、
    『水濡れ』、『臭気』、『静電気』、『防犯』などの

    対策品、未然防止商品など
    多岐にわたり輸送品質改善へ貢献するツールをご提供していますが

    こうした品質改善ツールの提供だけにとどまらず、

    同社のような高品質実現への強い『想い』や『使命感』も合わせて
    顧客に提案していくことで

    森松産業の事業理念でもある
    『世界に誇れる輸送品質を創る!』

    という想いを本当の意味で実現し破損事故を撲滅していくことが
    弊社の役割ではないかと感じた次第です。

    このような素晴らしい機会を与えて頂き、本当に感謝しております。
    こうしたご縁を大切にし恩返しできる企業となれますよう常に感度を高め
    日々精進し成長し続ける企業でありたいと気持ちを新たに致しました。

    たくさんの気づきを頂き誠にありがとうございました。

    早速お礼状を書きました。(きたない字ですみませんでしたっ。。笑)

     

     

     

     

     

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

  • 荷主へのコストダウン提案+自社業績アップの新サービス!【物流品質改善の達人ブログ】

    2017.06.05

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

     

    【高品質+コストダウンの新サービス!!】


    国内、海外問わず全体の物量も減り、競争が激しくなる中
    物流企業の提案メニューにも変化が出てきました。

    マーケットの比較的大きな製薬業界などは海外からの
    ジェネリックの輸入量が大幅に増えています。

    そこに対応した品質管理、つまり低温保管、保冷輸送などの
    ノウハウと実績が求められています。

    こうしたサービスの強化をする一方、コスト削減も同時に達成
    していく必要があり、従来型の物流企業は厳しくなってきています。

    その理由は

    従来型の下請け的な物流企業は、
    どうしても自社の輸送費や保管料などダイレクトに
    見積もりコストを下げるような要求にこたえざるをえません。

    そうではなく、

    利益をしっかり確保している物流企業は
    なんとか新たな付加価値を創造し、提案していくことで

    荷主が潜在的に抱えている問題解決の中から
    コスト削減の手掛かりを見出そうとしています。


    自社の見積もりコストを下げずとも、
    顧客の中にある無駄やムリを削減して

    “実質的なコストダウン”
    につなげる提案をしている。ということです。


    『ショックウォッチ』 を例にとってみると、


    ある精密機器メーカーの【梱包作業】を請け負うA社は、

    今まで顧客の指定で 『ショックウォッチ』 を調達し て

    梱包貨物に添付作業をしていましたが、


    ある時から、その実績を 逆手にとり


    『ショックウォッチ添付サービス』

    という営業展開を始めたのです。


    やっている作業は、今までと全く同じです。

    (違いは、荷主に指示されて添付しているか、自らのサービスとして添付しているか

     の違いです。 

    これには副産的な効果もあったようです。


    『ショックウォッチ』 添付サービスによって


    “自社の高い品質力” のイメージをつける

    効果があったそうです。 


    自社は、梱包業務がメインなので

    輸送中の破損リスクはありません。


    こうしたサービスを利用して

    精密機器メーカーに特化して受注を集め、

    自社が、 “高品質梱包に専門特化”

    したイメージを

    作ることができたそうです。

    それが 『ブランディング』 につながっています。


    結果、

    ショックウォッチを採用していなかった

    新規の精密機器メーカーも、この業者に委託することで

    ショックウォッチ 添付梱包』が標準となり、


    メーカー今までかかっていた年間の破損トラブル関連コストを

    大幅に削減(コストダウン)することにつながるでしょう。



    大事なことは、自社の ポジショニング です。


    高品質+コスト削減を実現するサービスは、

    荷主ユーザーの競争力を強化し、

    ひいては 顧客の顧客へのアピール につながります。


    こうした付加価値を、

    どのように具現化しサービスとして
    展開していくのか?


    そのサービスによって、

    自社の強みを強化し、ブランディングしていくのです。


    最も手軽な方法は、

    こうした 『品質改善ツール』顧客の代わりに導入し、

    従来の物流業務にプラスしたサービスとして展開していくことです。



     

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!