• 事故が発生する要因・メカニズムを知る。【物流品質改善の達人ブログ】

    2015.07.29

    【物流品質改善の達人ブログ】

    本日は物流企業の専門コンサルタント

    株式会社船井総合研究所 高橋竜二様より『有識者のコラム』をお届けいたします。

    学びや提言満載のコラムです。

     

     

    テーマは『安全な物流会社の創り方』

    輸送品質向上を目指す荷主企業様だけでなく物流企業様へも

    有益な情報発信をしていきます!!

     

     

    【事故が発生する要因・メカニズムを知る】

    本日は、事故がおきるメカニズム・要因を知るという

    タイトルで書かせていただきます。

     

     

    安全指導する上でとても重要になるのが、

    事故はなぜおきるのか?というメカニズムを知っているかです。

     

     

    事故発生のメカニズムを知らないドライバーは

    過去の経験と感覚で運行していることになります。

     

     

    メカニズムを知らずに、

    走っていては対策をすることも できませんし、

    事故を起こしてもなぜ起こしたか理解できず、

    同じ事故を必ず起こします。

     

     

    よって、

    事故がなぜおきるのか、そのメカニズムと要因を

    押さえることが安全指導をする上でとても重要になるのです。

     

     

    『交通事故を7割減らすたった2つの習慣』の著者江上氏は、

    その発生のメカニズム・要因をこう説明しています。

     

     

    停止するまでの距離>障害物との距離(車間距離)

     

     

    つまり、

    停止するまでの距離が障害物との距離より短いとき、

    事故が発生する危険性が高まるということです。

     

     

    停止するまでの距離が、短くなる要因は、

     

     

    1.認知反応が遅れ、空走距離が長くなること

    2.タイヤが磨り減ったなど、制動距離が長くなること

     

     

    障害物との距離が短くなる要因は、

     

    1.人間が本来持っている先に急ぎたいという衝動

    2.先行車が突然急ブレーキするなどの外的要因

    3.到着時間を早めようとする急ぎ

     

     

    事故のメカニズムと要因については、

    さまざまな解釈がありますが、 大切なことは、

     

    1つのことを管理職とドライバーが共有していて、

    それに基づいて指導ができているかです。

     

     

    それができていない企業様の多くは、

    『安全運転をこころがけましょう!』

    『今日も無事故でいきましょう!』 といった、

     

    具体的な指導でなく、感覚的な指導になっている可能性があります。

     

     

    事故が発生するメカニズムと要因についてしっかり学び、

    具体的でかつ、誰が聞いても腑に落ちる指導をしていきましょう。

     

     **************************************************************************************

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

    http://www.logi-q.com/?cat=5

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》 私たちが主宰する【輸送品質研究会】では

    益々皆様のお役にたつような 品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません。

     

     

    ↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

    これからの物流リーダー、 品質管理者の方には必見の内容となります。

     

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を お伝えします!

    次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼

    詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

     

    ▼お問合せはこちら。 【輸送品質研究会】 事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

     

     

    *私たち森松産業株式会社は、 『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を

    事業理念に  毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを  

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に  

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!  

    お待ちしています!!

無料サンプル
お問い合わせ
事例集