• 物流アウトソーシングのポイントとは?②【選定段階】編 【物流品質改善の達人ブログ】

    2015.05.22

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。



    前回のブログ
    【失敗しない!物流アウトソーシングのポイント】

    では、委託先の 『検討段階』 の内容についてご紹介致しましたが、
    今回は、次のステップである 委託先の『選定段階』 について
    ポイントをご紹介致します。

     


    物流アウトソーシングとは、自社の物流部門を外部企業へ委託する事であり
    近年はコストの見直しやサービスレベルの向上などで急速に案件が増えており注目を集めております。


    【講師】
    *船井総研ロジ(株)ライン統括本部コンサルティング事業部
     コンサルティンググループ グループマネジャー 渡辺 庸介氏

     ⇒ http://www.f-logi.com

     

    【テーマ:失敗しない!物流アウトソーシングのポイント徹底解説!】

    今回の特集は、委託先候補の 『選定段階』編 です!!


    《ポイント①》
    *自社のコンセプトを反映したRFP※(下記解説参照)の作成が肝要です。
    *パートナー選定基準作成するが必要があります。
    *委託先を価格だけで選ぶ時代ではなく、委託単価の上限、下限を決め
     その範囲内で委託先候補の中から品質なども考慮して選定する必要が
     あります。

     

    ※ここで、上記のRFPについて解説します。
    RFPとは、“リクエストフォープロポーザル”の略であり、提案要請書の事です。
    つまり、提示した物流要件に対し委託先に十分な対応力があるか、
    また自社の課題解決能力、提案力があるかなど自社戦略と合致するか
    見極めるため為に委託候補先へ提示する要望書の事です。

     


    また、この際現地視察を実施してきちんと確認する事も大切です。
    この時委託先の社風や会社方針などもパートナーにふさわしいか見極める
    事も合わせて確認しましょう。
    営業マンの対応が良いからといって現場も良いとは限りません。要注意です!

     

    《RFPの提示情報のポイント》
    ①自社のあるべき姿(我々はこういう物流を目指している)を明確化する。
    ⇒要求事項の優先順位を明確化する。社内用語(言語)を統一する事も
     重要です。

    ②過去1年間のSKU※別入出荷明細データの把握。
    ⇒そのまま出荷なのかピッキング(組合せ)工程など複合作業なのか分ける。
     (どちらがどれだけの比率なのか、によりコストが変わる為)商品サイズ、
      パッケージ情報の明記が必要です。
    ⇒これにより委託候補先各社の工夫を同列に評価する事が可能となります。


    ※ここで、上記のSKUについて解説します。
    SKUとは、“ストックキーピングユニット”の略であり、同じ品目でも色やサイズが
    異なったものがあるがこれを区別して管理する事。
    (在庫管理の単位。パッケージの数単位)

     


    ③必要な制約条件、管理基準について明記する。
    ⇒外装表示(品番・品目・ITF(バーコード)の有無。(作業単価に影響する為)
    ⇒指定運送会社の明記。(運賃コストの明確化)
    ⇒商品管理基準。(最小管理単位、賞味期限、温度、出荷トレース、棚卸基準
             販促品基準)など管理基準を明確化する事で適正なコスト
             運営体制を確認できる。

     

    ④システムインターフェースの提示。
    《要求事項》
    ⇒提案項目一覧。
    物流のコストを構成する為、各項目を一覧にして物流企業の
    運営体制を提案項目として指定する。


    ⇒単価提示フォーマット。
    フォーマットを統一し委託先に記載させる形をとる。


    ⇒ケーススタディー。
    自社を事例に用いてケーススタディーを提示してもらう。
    委託先候補先の提案力を推察する事ができる。

     

    《ポイント②》
    *提案書から読み取れる物流会社のスキル
    *ノウハウが直接改善につながる為、改善力の高い企業を選定する。
     改善力を比較する為、ポイント毎に条件を明確に統一し委託先候補に
     提示する事が肝要です。

     

    *評価する項目を一元化し、点数評価と重要度を数値で明確化する。


    いかがでしょうか?

    以上が、物流アウトソーシング委託先の 『選定段階』
    注意すべきポイントです!!

    是非、自社の物流アウトソーシングにお役立て下さい!! 
     
     
     
    次のステップ 『導入段階』/『安定段階』 のポイントに付いても追って

    ご紹介したいと思います。 
     

     


    このような課題をお持ちの企業様、
    私たちと一緒に品質改善、物流コスト削減に関する課題を解決しませんか?

    我々森松産業は、同じ課題をお持ちの企業様と一緒に3カ月に1回のペースで
    定期勉強会を開催しております。なんと無料セミナーです!

     意欲的でイケイケの物流管理、品質管理担当者様など多数
    ご参加頂いております!! 

    次回もご期待ください!(どなたでも参加頂けます)  ↓↓↓


    P1010353.JPG

     

     

     

     

     

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

     

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

     

     

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

     

     

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

     

     

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

     

     

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」を

    お伝えします! 次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

     

    *私たち森松産業株式会社は、

    『日本から物流品質クレームを無くしたい』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを

    毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

     

無料サンプル
お問い合わせ
事例集