• G-MEN記録データについて詳しく教えてください【物流品質改善の達人ブログ】

    2018.03.05

    いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。

    ショックウォッチ他、品質改善ツールの専門サイト 『輸送品質.COM』の森松です。

    今号も物流品質管理リーダーの視点についてお伝え致します。

    *****************************************************************************************

    G-MEN記録データについて詳しく教えて下さい】

     

    G-MENで取得した記録データについて、

    よくある質問を共有したいと思います。

     

    【質問】

    >記録間隔は2分です。サンプリング周期は0.005秒です。

    >記録されたデータを見ると、X(G) Y(G)       Z(G) 合力(G)

    >それぞれ1つしかありません。

    >記録されるデータは、どのように決まっていますか?

     

    (回答)

    ⇒サンプリング周期はデータの細かさを表していますので

     0.005秒ですから、1秒間に200データ記録しています。

     

     そして記録感覚が2分ですので、

     この120秒(2分)の間に、24,000データ記録しています。

     その中の1データが表示されていることになります。

     

     つまり、

     0.005秒間隔で取りこぼしなく24,000データすべて

     記録したうえで、その2分間の中で最も大きい値(ピーク)として残し

     表示している。ということになります。

     (23,999データは捨てていきます)

     

     

     この1データを積み上げて65,500データたまったところでメモリが

     いっぱいになり記録を停止します。

     (または電池が切れたタイミングで止まります)

     

    さらに、

    記録している1データの意味についてご説明いたします。

     

     

    ---------------------------------------------------------------

    仮に【設定】を以下のようにした場合、

     

    ■記録感覚:10

    ■サンプリング周期:0.001秒(1ms

     

    10分間ごとに1データづつ記録していきますが

    10分の中にX軸、Y軸、Z軸それぞれのピークが存在しています。

     

    例えば、10分間の中で

     

    X軸は3分後に8Gが最大値

    Y軸は5分後に15Gが最大値

    Z軸は8分後に18Gが最大値

     

    となった場合、

     

    1データの表示の内容は

    X軸:8G

    Y軸:15G

    Z軸:18G

     

    と表記されます。

    つまり、10分間の中でX,Y,Z軸それぞれのピーク値を表示しています。

    (それぞれの軸が何時何分にピークだったのかは記録されません)

     

     

    +、-についても単に方向性を表しているだけですので

    3Gより-5Gの方が大きいです。

     

    _____________________________________________________________________

     

    また、もしX軸、Y軸、Z軸の『詳細時間』を知りたい場合は

    『しきい値』の設定をする方法があります。

     

    仮に“10G”をしきい値に設定しておけば、

    X軸、Y軸、Z軸それぞれが10Gを超えた瞬間の時間を記録することができます。

    (ただし、65,500データ使いきったところで計測がストップしてしまうので

     低くすぎる“しきい値”に設定すると、すぐにメモリがいっぱいになってしまいます)

     

    ご不明な点などございましたらお気軽にお問合せください。

     

    よろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

    破損トラブル未然防止策・輸送品質向上ツールをお探しならこちらをご覧ください。 
    ⇒http://www.logi-q.com/

    最新の品質改善ツールの情報はこちらをご覧下さい。

    ▼『輸送品質.COM』

    http://www.logi-q.com/

    ▼まずはショックウォッチの無料サンプルをお申し込みください!!

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_34/index.do

    何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    【お問い合わせ窓口】森松:0120-957-874

    宜しくお願い申し上げます。

    **************************************************************************************

    ▼輸送品質の向上なら、、まずはあなたの課題、困りごとを教えてください。

      http://www.logi-q.com/?cat=5

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局 TEL:045-584-2334 担当:森松

    **************************************************************************************

    《あなたに特別なお知らせがあります》

    私たちが主宰する【輸送品質研究会】では 益々皆様のお役にたつような

    品質改善の解決策をこれからも毎回テーマを変えてお伝えして行きます。

    品質向上の方法は、ひとつではありません↓↓↓ 情報が満載!

    ▼品質向上のヒントがここにあります。

    https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    これからの物流リーダー、品質管理者の方には必見の内容となります。

    特に、物流品質改善に取り組む方には必ず知っておいて頂きたい

    「品質改善に即、影響するノウハウ」をお伝えします!

    次回は詳細が分かりましたらお知らせいたします。

    今すぐ下記よりセミナー内容をご確認ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼【輸送品質研究会】▼ 詳細はこちら ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15695_rfx_31/index.do

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ▼お問合せはこちら。

    【輸送品質研究会】事務局  TEL:045-584-2334 担当:森松

    *私たち森松産業株式会社は、

    『世界に誇れる輸送品質を創る!』 を事業理念に

    毎回約50名が参加する【輸送品質研究会】では、

    あらゆる品質改善、 安全輸送のノウハウを毎回テーマを変えながら メンバーと一緒に

    その方法について一つ一つ学んでゆきます!!  

    さあ一緒に一歩を踏み出しましょう!お待ちしています!!

無料サンプル
お問い合わせ
事例集