30万円もするレコーダーから小型軽量のG-MENに転向

2021 9/28
30万円もするレコーダーから小型軽量のG-MENに転向
のアイコン画像

計測機器メーカー《H社N様》

使用商品

今回が初めてじゃなかったんですね。

ごめんなさい。もう5台目なんです。
以前は30万円もするレコーダーを使ってました。でも難しい説明書を読んだり細かい設定が年々面倒になってきて、実は4年前からG-MENに転向していました。

なんでそんなにたくさん持ってるんですか?

以前に、ある得意先で破損事故が多発して、急ぎの案件だったので簡単に使えそうなG-MENをつけて輸送検証をしたんです。そしたら、到着直前の物流ターミナルで上下逆さまに積み上げられていることが分かって。
5回抜き打ちで検証したんですが、なんと5回とも!原因が“それ”だって分かって、以降同じクレームがなくなったんです。
これ以降、出荷後の荷物がどんな扱いをされているのか一目でグラフ化できるのが面白くって。せっかくなら他のお客様のルートでも試してみよう!ってことになったんです。

それで5台もですか。

付属のソフトウェアが入っていれば誰のパソコンでもデータが開けるし、遠方の到着先でデータを吸い上げてくれれば、すぐにでもメールで送ってもらえるから状況をスピーディーに把握できて社内でもデータの共有が簡単にできるんです!

社内で各拠点でデータを共有しているのですか?

はい、遠方の担当者同士でデータを共有しています。集荷に来る物流企業に荷物を預けても結局運んでいるのは2次店の別の物流会社でしょ。誰も状況把握してない。っていうのが実情なんです。

今回は、“関西ルート3か所”と“東北向け2か所”で合計5ルートを同じ条件で同時に検証したかったんです。どんなデータが取れるのか今から楽しみです!

使用商品